【ソールの厚さ6cm!】ボンダイ8をブログレビュー!身長を盛れて普段履きにおすすめのシューズの履き心地やサイズ感は?

異次元の歩行感覚を体験してみませんか?

筆者は一年ほど前からHOKA『BONDI (ボンダイ)7』を履き続けており、身長が盛れてデザインもかっこいいのに足が疲れにくいことを体感してきました。
>>ボンダイ7のブログレビューはこちら!

ボンダイはランニングシューズですが普段履きにもおすすめでコーデも合わせやすいことから性別問わずに人気のシューズです♪

そんな異次元の歩行感覚を実現したホカオネオネのボンダイシリーズから待望の新作が出ました!

BONDI(ボンダイ)8

どんちゃ

ボンダイ7でも驚きの歩き心地だったため、新作はさらに凄いに決まってる…試すしかない…!

実際に履いてみるとボンダイ7の優れたデザインを継承しながらも、歩き疲れない抜群の歩行性能がさらに磨かれたことが分かりました。

本記事では前モデル『ボンダイ7』と最新モデル『ボンダイ8』の比較を交えながらサイズ感などをレビューしていきます!

ホカオネ ボンダイ8の特徴
  • 普段履きの利用もおすすめ
  • コーデに合わせやすい黒色が人気
  • シューズがとっても軽い
  • 履いたその日から足に馴染んで疲れにくい
  • 6 cmの厚いミッドソールで身長が自然に盛れる
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥19,980 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥21,000 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)
目次

HOKA ONE ONEとはマオリ族の言葉

ホカオネオネ

変わったネーミングですが、どこの国の言葉かご存知でしょうか?

こちらはニュージーランドの先住民 マオリ族の言語です。

この言葉の意味は

さぁ、飛ぼう!

山道、ランニング、テニスなどのスポーツからトレンドのオーバーサイズのコーディネートという普段履きの日常使い。

ボンダイシリーズはあらゆるシーンで活躍できる靴として人気が高まっているシューズになります。

ボンダイ8の外観

まずは『HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)BONDI8』の外観を見ていきます。

ボンダイ7と同じく人気のブラックを購入しました。

ボンダイ8サイド
ボンダイ8サイド

ボンダイ8の最大の特徴は存在感のある分厚いミッドソールです。

唯一無二のデザイン。

美しい…

ボンダイ8 正面
ボンダイ8 後ろ

正面とバックから見てもゴツゴツ感がたまりません。

ボンダイ8 アッパー
ボンダイ8 タング

アッパーは『ボンダイ7』と同様にメッシュ素材で通気性が高く蒸れにくい構造になっています。

ボンダイ8サイド

サイドにさりげなく『HOKA』の文字があるのもかっこいいです。

外観の比較(左:ボンダイ8 右:ボンダイ7)

『ボンダイ7』と比較するとBONDI8』ではランニングシューズ感が強まった流れるデザインに変更されました。

デザインだけでなく内部構造も一新されており、履いてみると弾力性が向上したことをハッキリと体感することができます。

ソール(左:ボンダイ8 右:ボンダイ7)

後ろから見てもソールの形状が大幅に変更されたことが分かります。

インソール(左:ボンダイ8 右:ボンダイ7)

インソールのデザインも違いますね。

どんちゃ

BONDI 7のデザインも好きだったため、どちらもボンダイらしくて素敵です♪

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥19,980 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥21,000 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)

軽量化と弾力性で最高の歩き心地を実現!

ボンダイ8 アウトソーる

BONDI8』のアウトソールもアップデートされており、優れた軽量性を実現するラバーが使用されています。

ボンダイ8のアウトソールの特徴
  • クッション性が異次元
  • 自然と足が前に進む
  • 着地時の衝撃が和らぎ足の負担が軽減される

コーディーネートに迷ったらどんな服装にも馴染んで長時間の歩行も疲れにくい『BONDI8』が助けてくれています…(笑)

どんちゃ

なかなか『BONDI8』を超えるクッション性を持つシューズに出会えていません…!

ボンダイ8のサイズ感

ボンダイシリーズは普段履いているシューズと同じサイズで問題ないと思います。

筆者は普段と同じ25cmを購入したところピッタリで、BONDI8』ではさらにフィット感が増しているためより足元が軽くなったように感じます。

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥19,980 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥21,000 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)

ボンダイ8の耐久性

ボンダイ8

ボンダイシリーズのソールは独特な反り返りで、あまり踵部分が削れないのも嬉しいポイントです。

ボンダイ7を一年以上履き続けてきましたが、ソールの弾力性は健在で耐久性は問題ありません。

BONDI8』はソールが大幅にアップデートされたため、より長く愛用できるシューズに仕上がっていると思います♪

ボンダイ8のソールの厚さは約6cm!

ボンダイ8 ソールの厚さ

BONDI8』のソールは何と約6.0cm

様々なコーデに合わせやすく人気な理由が分かります。

身長が約6cmも盛れるため、170cmに満たない筆者でも寒い冬にオシャレ長コートを着こなせることができちゃいます…!

どんちゃ

歩きやすいのに身長盛れて、様々な服に合わせれるので旅行のときも大活躍してくれています♪

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥19,980 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥21,000 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)

ボンダイ7とボンダイ8を比較

上:ボンダイ7 下:ボンダイ8
ボンダイ7と8の違い
  • ミッドソールが大幅にアップデートされた
    • デザインが変更された
    • より柔らかく弾力性が向上した
    • 5mmほど高さが上がった
  • 同じサイズでもフィット感が増して、さらに歩き心地が向上した
どんちゃ

『ボンダイ8』のデザインが好きだったり、2年以上『ボンダイ7』を履き続けている方は買い替えを検討しても良いかもしれません♪

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥19,980 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥21,000 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)

まとめ

ホカオネオネ ボンダイ8

以上、HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)『BONDI8』のレビューをまとめました。

ホカオネ ボンダイ8の特徴
  • 普段履きの利用もおすすめ
  • コーデに合わせやすい黒色が人気
  • クッション性が高く、履いたその日から足に馴染んで疲れにくい!
  • 6 cmの厚いミッドソールで身長が自然に盛れる
  • もちろんランニングシューズとしてもおすすめ

前モデルの『BONDI7』も感動的な歩き心地でしたが、『BONDI8』は心臓部のソールユニットがアップデートされて、さらに快適な履き心地となりました。

良いことばかりを熱く述べてしまいましたが、敢えてデメリットを挙げるとすれば「値段が少しお高い」ことでしょうか。

ランニングシューズの分類ですが、普段履きにもおすすめの『BONDI8』で歩くことを楽しみましょう!

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥19,980 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)
HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)
¥21,000 (2023/05/23 13:47時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次