【身長が5.0センチ盛れる】『フラワーマウンテン』の新作スニーカー“バックカントリー”をレビュー!サイズ感や評判は?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

人と被らないオシャレで機能的なシューズが欲しい!」

「旅行で足が疲れないシューズが欲しい!」

そんな方にオススメなシューズのご紹介です。

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン)

2015年に誕生した日本のブランドで、国内での認知度はそこまで高くはないかもしれません。
>>公式HPはこちら

それもそのはず。
フラワーマウンテンの取引先の9割は海外で、世界の名だたるスニーカーショップがこぞって買い付けており、輝かしい実績が積み上げられています。

ブーツで有名なアメリカのシューズメーカーDannerとフラワーマウンテンがコラボした靴も販売されていて、靴好きの間では話題となりました。
>>【ダナー X フラワーマウンテン】コラボ D122012 N.VOLCANO DSC ヴォルケーノ ブーツ スニーカー OLIVE

フラワーマウンテンの最大の特徴は、何と言ってもデザインです。

フラワーマウンテンのシューズは、手間も時間もかかるハンドメイドで作られています!

見た目のこだわりは分かったけど、機能性はどうなの?」

どんちゃ

ご安心を! 機能面の妥協も一切ありません。

本記事では、筆者が一目惚れして購入したフラワーマウンテンの『BACK COUNTRY(バックカントリー)のグレー』の詳細を写真とともにレビューしていきます!

フラワーマウンテン『バックカントリー(Gray)』の特徴
  • 本格的なアウトドアに対応した機能性(完全防水)
  • ソールの黄色と差し色の水色が可愛いくて、普段使いにも◎
  • ソールの厚さは5.0cmあり、オシャレに身長アップ
  • 軽くて、長時間歩いても足が疲れない
目次

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー レビュー

BACK COUNTRY(バックカントリー)は、Flower MOUNTAIN High Spec seriesの第一弾モデルです。

フラワーマウンテンの通常ラインのシューズを全面的に見直して、ブラッシュアップしたモデルになります。

過酷な環境条件に耐える性能を備えた、日常使い〜アウトドアに対応するシューズです!

文句なしの外観

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray

今回ご紹介するのは、黄色の分厚いソールに一目惚れした、『Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリーのグレー』です。

見てお分かりの通り、黄色のモノが大好きで、ラグとソールが黄色で少し目立たなくなっていますね…

様々な角度から見ていきましょう。

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray 上
Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray 外側
Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray 内側
Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray 後ろ

薄めの黄色と鮮やかな水色で彩られた分厚いソールが可愛いですね!

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray 踵

踵部分には、フラワーマウンテンのお花のマークやステッチが入っており、ハンドメイドのこだわりを感じます。

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray インソール

インソールにはコルク素材が使われており、吸湿性に優れており、履くたびに自分の足の形にフィットしていきます。

カラーは、グレーの他にもオレンジとベージュがありますが、奇抜で可愛いソールはコチラのグレーのみです。

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Orage(Amazon.co.jpより)
Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Vage(Amazon.co.jpより)

ソールの高さは5.0センチ

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー ソールの高さは5.0センチ

アウトソールの高さは、5.0センチもあります。

ダッドスニーカーとしてのトレンドはしっかりと押さえられています。

どんちゃ

5センチも上がれば、目に見えて印象が変わるため、ナチュラルに身長を盛りたい方にもオススメです!

アウトソールの素材は、「EVAとラバー」です。

EVAとは、「エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂」という合成樹脂で、優れた柔軟性と弾力性を持つ素材です。
軽量で、耐久性も優れています。

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリーの機能性

メインはレザー素材

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray のレザー

アッパーには、メイン素材にレザーが用いられていて、後述のCORDURAも使用されています。

全体にステッチが入っており、高級感が漂っています。

CORDURA(コーデュラ)ナイロンが使われている

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー のコーデュラ

靴のタンなどには、強度と耐久性、防水に優れた『CORDURA(コーデュラ)』が使用されています。

最近、日常的なカバンやアウトドア用品などで、コーデュラのタグを見かけたことがあるのではないでしょうか。

CORDURA(コーデュラ)とは

CORDURAタグ

特徴】

  • 高強度と耐久性
  • 優れた防水、撥水性
  • 超軽量

コーデュラは、ナイロンです。しかし、ただのナイロンではなく、強度は通常のナイロンの7倍と言われています。

アメリカのインビスタ社が製造販売している素材で、インビスタ社独自の糸で認定された場所で製造された生地のみがコーデュラタグを付けることができます。

優れた防水機能を持つため、アウトドア用品に使用されることが多いコーデュラ。

優れた強度と防水性を備えると生地が重くなると思いきや、コーデュラはかなり軽いのも特徴です。

そのため、軍事用品などにも応用されており、世界中で採用製品が増えてきています。

どんちゃ

軽くて、丈夫だから、様々なアイテムに使われているんですね!

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリーのサイズ感と履き心地

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray

気になるサイズ感です。

今回購入したサイズは、25.0センチです。

普段から25.0センチの靴を履くのですが、コチラの25.0センチは少し大きめのフィット感でした。
分厚い靴下を履いても少し余裕があります。(アウトドア用を想定されてるからでしょうか?)

縦の長さは普通ですが、幅が比較的ゆったりとしているため、窮屈感は感じません。

普段履いてる靴の「-0.5センチの24.5センチ」が、よりいいサイズ感だったと思われます。

普段よりも「- 0.5cm」を購入すると、ジャストフィットかもしれません

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) の評判

2022年7月時点で、楽天やAmazonでフラワーマウンテン バックカントリーのレビューがかなり少ないため、同メーカーの他のシューズから履き心地などに着目して、まとめました。

良い
悪い
  • デザインが可愛い
  • 履き心地が良い
  • 友達のプレゼントに
  • 長時間歩いても疲れない
  • 非常に軽い
  • インソールのコルクが渋くてカッコイイ
  • なかなか売っているお店が見つからない
  • 人気のため、目的のサイズが見つからない

全体的にフラワーマウンテンのサイズ感については僕と同じく、「少し大きめ」との口コミも多数見かけました。

また、一目惚れして購入したとの口コミもありました。

Twitterを調べてみると、

熱烈なリピーターファンや、履き心地が良いため、仕事に使っている方もいらっしゃいました。

どんちゃ

知名度はそこまで高くはありませんが、熱烈なファンがジワジワ増えてきている印象です!

>>楽天でフラワーマウンテンを見てみる

まとめ 〜被らないデザインと機能性を追求した最高の靴〜

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) バックカントリー Gray

以上、フラワーマウンテンのバックカントリー グレーをレビューしました。

良い靴なのでお値段は張りますが、ハンドメイドで機能性もかなり高く、長持ちすると思いますので、一足持っていると、人とは違う攻めたシューズで注目されること間違い無しです!

どんちゃ

ソールは分厚く、クッション性がある、徒歩の疲労感がかなり軽減されています。コルク素材のインソールも、足の形に合わせてフィットしてきています。

唯一無二のデザインと履き心地、機能性を備えたフラワーマウンテンのシューズで日常や旅行の徒歩時間を楽しみに変えてみてはいかがでしょうか♪

本記事でご紹介したフラワーマウンテンよりもクッション性が高く、異次元の歩行感覚を味わえる『HOKA ONE ONEのBONDI7』もレビューしていますので、よろしければご覧ください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
Topへ
目次
閉じる