【HOKA】クリフトンLスエードの履き心地やサイズ感をレビュー!厚底ソールで普段履きにオススメ!

※当サイトには広告が含まれています

HOKA CLIFTON L SUEDE(クリフトンLスエード)のサイズ感や履き心地は?

最近街でも見かける機会が多くなった『HOKA(ホカオネオネ)』

筆者はHOKAの大人気シューズのボンダイシリーズでHOKAのファンになり、デザインと異次元のソールの機能性に魅了されてきました。

本記事ではHOKAの定番ランニングシューズ『CLIFTON(クリフトン)』のスエードモデルを購入したのでレビューをまとめていきます。

クリフトンLスエードの特徴
  • スエードの質感に高級感があり普段履きに最適
  • BONDI(ボンダイ)よりはソールは硬めで安定感がある
  • 約5.5cmのソールで身長が盛れる
  • ゆったり履きたい方はワンサイズ大きめがオススメ

ランニング目的にあえてスエードモデルを購入する方はいないと思うので、タウンユースで感じたポイントをまとめていきますね♪

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
¥24,200 (2024/01/18 19:40時点 | Amazon調べ)

KAHA2 LOW GTXのレビューを見てみる

BONDI(ボンダイ)7のレビューを見てみる

BONDI(ボンダイ)8のレビューを見てみる

タップできる目次

HOKA クリフトン L スエードのメリットとデメリット

メリット
  • スエードで足元がオシャレに決まる
  • ランニングシューズのような快適な歩き心地で足が疲れにくい
  • 分厚いソールで自然に身長が盛れる
  • 人とシューズで被りにくい

HOKA『クリフトンLスエード』のメリットは上記のとおりです。

HOKAの代表モデル『クリフトン』なので、歩きやすく疲れにくいことは言うまでもありません。

またスエードのシューズはカジュアルから綺麗めなファッションに合わせることができ、厚底のソウルでオシャレに身長を盛ることができるのも嬉しいポイントです。

デメリット
  • ランニングの利用には向いていない
  • スエードは雨に弱い
  • ボンダイシリーズよりはクッションが固い

スエードは雨に弱いため、何も処理していない場合は素早く拭きましょう。

また革を使用することで通常モデルよりは重くなるため、ランニングの使用にも向いていません。

履き心地に関しては、よりクッション性能が高いBONDIシリーズの方が足が疲れにくいように感じます。

BONDI(ボンダイ)8のレビューを見てみる

どんちゃ

クリフトンLスエードで1日24,000歩を元気に歩くことができたので、改めてHOKAの技術の高さに驚きました。

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
¥24,200 (2024/01/18 19:40時点 | Amazon調べ)

HOKA ONE ONEとは

ホカオネオネ

改めてHOKAの由来をご説明します。

変わったネーミングですが、どこの国の言葉かご存知でしょうか?

こちらはニュージーランドの先住民 マオリ族の言語

意味は

さぁ、飛ぼう!

山道、ランニング、テニスなどのスポーツからトレンドのオーバーサイズのコーディネートなどの日常使い。

ボンダイシリーズはあらゆるシーンで活躍できる靴として人気の高いシューズです。

CLIFTON “L”とは

クリフトンLスエード(ネイビー)

『CLIFTON L(クリフトンL)』『CLIFTON 3(クリフトン3)』をベースに開発されたモデルで、軽量なEVAミッドソールを採用し、アッパーにレザーを用いることで日常に溶け込みやすく改良されたシューズです。
※Ethylen-Vinyl Acetate:柔軟性と弾力性の高い熱可塑性合成樹脂で寒くても硬くなりにくい

『クリフトンLスエード』はスエードレザーアッパーを採用し、部分的に3Mリフレクターのアクセントが施されています。

カラーは「アウタースペース(ネイビー)、アースンウェア(レッド)、マーキュリー、ブラック、ライムストーン(グレー)、シフティングサンド(ベージュ)」で展開されています。

クリフトンLスエードの外観

『クリフトンLスエード』のアウタースペース(ネイビー)を購入したため、レビューをまとめていきます。

まずは外観を見ていくと、

クリフトンLスエード(ネイビー)のアッパー

アッパーは名前の通りスエードが採用されており、高級感があります。

前から見たクリフトンLスエード(ネイビー)

先端はラバーが付いているので、固いものから足を守ってくれます。

後ろ見たクリフトンLスエード(ネイビー)

後ろから見るとアウトソールの反り具合がよくわかります。

この特殊な形状(メタロッカー)でつま先から踵までの体重移動がスムースになり、足の負担を軽減してくれます。

クリフトンLスエード(ネイビー)のサイド
クリフトンLスエード(ネイビー)のサイド

シューズをサイドから見ると、、、

美しさに言葉を失います。

スーエドで重厚感が増したため、分厚いミッドソールとのバランスも最高です。

光が反射している部分が3Mリフレクターです。

クリフトンLスエード(ネイビー)のタング

タングにはさりげなく『HOKA ONE ONE』『CLIFTON』の文字が刻まれていて、可愛いさが溢れています。

クリフトンLスエード(ネイビー)のHOKAの文字

サイドの外側には『HOKA』の文字がありますが、シューズが暗めのカラーだとあまり目立ちません。

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
¥24,200 (2024/01/18 19:40時点 | Amazon調べ)

軽量アウトソールで快適な歩行性能

クリフトンLスエード(ネイビー)

HOKAのシューズは靴底にカーブを設けており、着地を妨げないようにする”メタロッカー”と呼ばれる独自技術が採用されています。

他にも“クッションミッドソール”“アクティブフットフレーム”などの技術を盛り込み、他社のシューズでは味わえない安定した歩行性能を生み出しています。

インソールは足の形に沈み込んでフィットするので、これ以上何も追加する必要はありません。

クリフトンLスエード(ネイビー)のミッドソール

靴底はしっかりと地面を掴む凹凸が特徴的で、タウンユースで足の疲労を軽減してくれます。

クリフトンLのサイズ感

クリフトンLスエード(ネイビー)

筆者が持っているHOKAのシューズサイズは以下の通りです。

普段から履いているサイズでクリフトンLも25cmを購入しました。

サイズ感としてはボンダイ8とほぼ同じだと感じます。

どんちゃ

普段履いているサイズで問題ありませんが、ゆったり履きたい、もしくは分厚めの靴下を履いている方はワンサイズ上げると良いかもしれません。

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
¥24,200 (2024/01/18 19:40時点 | Amazon調べ)

クリフトンLスエードの履き心地

クリフトンLスエード(ネイビー)

フィット感が強く、優しく包み込まれている感覚があります。

履いているうちにレザーが伸びてさらにフィット感が増すと思いますが、履いた初日から足に馴染むこの感覚がHOKAの魅力ですね…!

クリフトンLのソールの厚さは5.5cm

クリフトンLスエード(ネイビー)のソールの高さ

特徴的なソールの厚さは約5.5cmもあります。

『クリフトンLスエード』は歩きやすいのに足元がオシャレになり、身長も盛れちゃう万能シューズです。

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
¥24,200 (2024/01/18 19:40時点 | Amazon調べ)

クリフトンLスエードのネイビーはどれくらい青い?

左:ボンダイ8(ブラック)右:クリフトンLスエード(ネイビー)

最後に今回購入した「アウタースペース(ネイビー)」がどれくらい青いかをご紹介します。

筆者はブラックが欲しかったのですが、在庫がなく第二候補のネイビーにしました。

ネイビーのシューズは光の加減やモニターによって見え方が大きく変わるため、どれくらいのレベルの青か不安でしたが、実物を見てみると…

思ったより青い

太陽光がしっかり当たる場所に行くとなかなか青いです。

屋内や日陰では暗めのブルーになるため、ブラックでは物足りないけど派手すぎるのは嫌という方におすすめのカラーです。

コーデはジーンズや青系統のパンツに合わせると一体感が出て映えるのでオススメですね。

どんちゃ

ネイビーはブラックよりもコーデに気を使いますが、主張しすぎずに足元にアクセントをつけたい方にオススメです!

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
¥24,200 (2024/01/18 19:40時点 | Amazon調べ)

まとめ

以上、HOKAの『CLIFTON L SUEDE(クリフトンLスエード)』のレビューをまとめました!

HOKA クリフトンLスエードの特徴
  • デザインにランニングシューズ感がないため、普段履きの利用がおすすめ
  • クッション性が高く、履いたその日から足に馴染む
  • 1日歩いても疲れにくい
  • 5.5cmの厚底ミッドソールで身長が自然に盛れる

今回はスエードモデルをレビューしましたが、クリフトンには様々なモデルが用意されているため、ご自身に合ったものをお選びください♪

異次元の履き心地で毎日の歩行を楽しくしちゃいましょう!

他にもHOKAのシューズをレビューしているため確認してみてください♪

KAHA2 LOW GTXのレビューを見てみる

BONDI(ボンダイ)7のレビューを見てみる

BONDI(ボンダイ)8のレビューを見てみる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次