『Soundcore Flare Mini(第二世代)』Ankerのおすすめ防水blootoothスピーカーをレビュー!使い方や音質を徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事がオススメの方
  • スマホの音に物足りなさを感じている
  • 安価(3,000〜4,000円)で高品質なワイヤレススピーカーを探している
  • 浴室で使用できる防水仕様のスピーカーが欲しい
  • 親や友達にスピーカーをプレゼントしたい方

お家や旅先のホテル、キャンプ場で盛り上がれるワイヤレススピーカーが欲しい!

でも、最近はスピーカーの種類も多くて値段も様々。調べきれないし、買う決断ができない!

このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

BOSEやSONYなどの有名メーカーのスピーカーを買うほど興味はない…

安いスピーカーと言っても、使い物にならなかった場合を考えると簡単には購入を決めることができない…

このように前に進みたいけど進めていない方にオススメなスピーカーがこちら!


Anker 『Soundcore Flare Mini』
  1. 安いのに高音質
  2. 360度に音を広げるため臨場感が出る
  3. 優れた防水機能 IPX7(浴室使用も余裕です)
  4. LEDライトがオシャレで盛り上がる
  5. シンプルなデザインで場所を選ばない

1つでもスピーカーを持っていると、あらゆる場面で日々をさらに心地よく過ごすことができるようになります。

スピーカーデビューに最適なAnker Soundcore Flare Miniの魅力を体感しましょう!

目次

Soundcore Flare Mini(第二世代)

Anker Soundcore Flare Mini

Soundcore Flare Miniは、モバイルバッテリーなどで大人気のAnkerから発売されている小型のワイヤレススピーカーです。

AnkerのSoundcoreブランドのスピーカーは複数ありますが、Flare Miniの特徴は360度連続したドライバーを搭載していることにより、全方位にサウンドを広げることができることです。

底のLEDライトによって、音だけでなく視覚的にも空間を演出してくれます。

スペック

スクロールできます

Soundcore Flare Mini
サイズ高さ 141mm, 底直径 86mm
重さ480 g
マイク有り(通話可能)
連続再生時間12時間
出力10 W(5 W × 2)
防水機能IPX7
bluetooth5.0
充電方式Micro USBケーブル
ステレオペアリング
本体カラーブラック、ブルー、レッド
価格(amazon)3,990円
amazon購入する

サイズがかなりコンパクトになっており、350ml缶ほどです。

重さはかなり軽い部類ではありませんが、カバンに忍ばせることに苦痛はありません。
実物を持つと、意外と軽いと思われるのではないでしょうか。

360度サウンド(10W)で部屋中に音を届ける

Anker Japan 公式サイトより

音の方向が一部に偏らないため、リスニングポジションに関わらず一定の音楽を楽しむことができます。

出力は10Wもあるため、屋外でも十分に使用することができます。

防水規格 IPX7は完全防水だからお風呂でも使用できる

防水規格 IPX7は完全防水となっており、シャワーを強めに当てても問題ありません。

360度サウンドが浴室の壁に反射して、広がりのある音を楽しむことができます。

どんちゃ

音楽や動画をお風呂で楽しむことができて、バスタイムが充実しています!

ステレオペアリングが可能

Anker Japan 公式サイトより

Soundcore Flare Miniを2台用いると、2台同時に音を出す、ステレオペアリングが可能になります。

筆者はSoundcore Flare(第一世代)を持っているのですが、世代が異なるとステレオペアリングはできませんでした。

Soundcore Flare Mini レビュー

本体と付属品

本体と付属品
  • 本体
  • Micro USBコード
  • 説明書

有線には対応しておらず、Bluetooth接続のみです。

そのためAUXケーブルは付属していません。

音質と音量は十分(屋外でも問題なく使える)

音質は4,000円以下のスピーカー群の中では、かなり良いです。

安物スピーカーのように高音がシャリシャリすることもなく、低音は耳を済まさなくても十分に聞こえてきます。

僕の聞く音楽ジャンルは「EDM, クラシック, 吹奏楽」が多いのですが、どれも物足りなさやストレスを感じることはなく、ノリノリになれます。

音に厚みがあるため、JPOPをシャリシャリした軽い音質で聞きたい場合は他のスピーカーがいいかもしれません。


普段はBose Solo 5で音楽を聴いていますが、音の奥行きと解像度に関してはBOSEなどのハイブランドにはもちろん敵わない部分もあります。

ハイブランドと比較すると劣っている点はありますが、ライトユーザーやこれからスピーカーデビューをする方には十分すぎる音質と音量を体験することができます。

専用アプリで最適な音質に調整できる

公式の専用アプリ「Soundcore」をインストールすることで、スマホからスピーカーを操作でき、好みの音質に調整することができます。

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

Soundcoreの設定

本体とスマホをbluetoothで接続した状態で、アプリを起動すると、自動的に認識されます。

Soundcoreの設定

イコライザー設定や電源のオン/オフなどを行うリモコンとしても使用することができます。

通話も高音質で問題なく行える

Soundcore Flare Mini本体には、マイクが内蔵されています。

普段は“AirPods Pro”で通話する相手と、こちらのSoundcore Flare Miniで通話をしてみました。

  • マイクの性能が高く、音質で相手にストレスはかからない
  • 相手の声もクリアに聞こえる
  • bluetooth接続も安定していて、声が途切れることはない

賑やかな場所でどれくらいの声を拾ってくれるのかは分かりませんが、個人で通話する分には問題がないことがわかりました。

どんちゃ

この値段で通話機能も問題なく使用できるところにも、Ankerの技術力を感じます。

スピーカーの使い方とボタンの説明

Anker Soundcore Flare Miniの使い方

上部にボタンがあります。

少し固くて、押すボタン面積が小さいため、少々扱いにくさがあります。

電源を付けると「bluetooth, 電源, ライト」ボタンは光ります。

Soundcoreマーク(下の”d”のようなボタン)をよく使用するため、そちらも光って欲しいと思いました。

各ボタンの操作方法
電源ボタン

2秒長押し → 電源オン / オフ

bluetoothボタン

1プッシュ → Bluetoothペアリングモード
2秒長押し → ステレオペアリングモード

ライトボタン

1プッシュ → ライトオン
2秒長押し → ライトオフ

Soundcoreマーク(多機能ボタン)

《音楽再生時》
1プッシュ → 再生 / 一時停止
2プッシュ → 次の曲へ
3プッシュ → 前の曲へ
2秒長押し → Siriなどの音声アシスタントを起動

《着信時》
1プッシュ → 着信に出る / 通話を終了する
2秒長押し → 着信を拒否

充電方式はMicro USB

Anker Soundcore Flare Mini 充電方式

充電方式はMicro USBです。

スマホやスピーカーで主流になってきたUSB Type-Cではないところが惜しいです。

充電完了後はコードから抜いて使用するように推奨されています。

どんちゃ

第三世代ではUSB Type-C充電ができるようになることを期待しています。

LEDライトの様子

Anker Soundcore Flare Mini LED

かなり鮮やかな色で光ります。

LEDはオマケ程度かな?と思っていましたが、とても綺麗なので、いつもライトを付けて使用しています。

虹色だけでなく、音楽に合わせて色の調子や点灯パターンは変わります。

まとめ

Anker Soundcore Flare Mini

安価なスピーカーの中でも大人気の“Anker”の『Soundcore Flare Mini』のレビューをまとめました。

音質、音量、防水・通話機能、利便性のコストパフォーマンスに優れたスピーカーです。

コンパクトなサイズになっているため、お家だけでなく、旅行先のホテルやキャンプなどに持っていくことで雰囲気を盛り上げてくれること間違い無しです。

これからスピーカーデビューする方や、サブのスピーカーをお探しの方にオススメになります。

Anker公式サイトではメーカーから直接、安心して購入することも可能です。

スピーカーのある生活で、日々をさらに心地よくしていきましょう!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
Topへ
目次
閉じる