【徹底比較】Anker(アンカー)のコンパクトスピーカー Soundcore 『Flare Mini』と『Mini 3』どちらを買うべき? オススメポイントを紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは! “Anker(アンカー)”が大好きな”どんちゃ”( @World_Melody_Do)です。

みなさんは、生活の中で音楽をどのようにして楽しんでいますか?

どんちゃ

僕は自分の部屋だけでなく、お風呂や旅行先、仲間とキャンプのようなアウトドアを楽しむときにスピーカーで音楽をかけています。

家ではお部屋やお風呂、さらに外に持ち出すとなると、コンパクトで高音質なワイヤレススピーカーが必要になります。

コンパクトでコスパの良いスピーカーが欲しい…!

そのような願いを叶えてくれるものが、Ankerから発売されているスピーカー『Soundcore Mini(サウンドコアミニ)』シリーズです。

2022年8月時点で、SoundcoreのMiniシリーズは『Mini』と『Flare Mini』が発売されています。

本記事では、持ち運びに便利なMiniシリーズから、『SoundCore mini』『Soundcore Mini 3 』と『Soundcore Flare Mini (第二世代)』を比較して、それぞれのスピーカーに向いている人を徹底解説していきます。

SoundCore MiniSoundcore Mini 3Soundcore Flare Mini

・サイズは最もコンパクト
・有線接続に対応している
・ラジオが聞ける
・Micro SDカードに対応
・バッテリーは最大15時間


・低価格帯で高音質
・完全防水IPX7
・サイズはマグカップほど
・引っ掛けるための紐が付いている
・USB Type-Cで充電
・カバンの中でかさばらない
・バッテリーは最大15時間

・低価格帯で高音質
・完全防水IPX7
・サイズは350mL缶ほど
・LEDライトの演出が綺麗
・臨場感が出る360度サウンド
・バッテリーは最大12時間
各スピーカーの特徴
目次

結論:それぞれのスピーカーに向いている人はこれだ!

各スピーカーのスペックを比較

スクロールできます

SoundCore Mini

Soundcore Mini 3

Soundcore Flare Mini
サイズ高さ 67mm
底直径67mm
高さ 84mm
底直径 72mm
高さ 141mm
底直径 86mm
重さ215g230g480g
通話
連続再生時間15時間15時間12時間
出力5W6W10W(5W×2)
防水機能×IPX7IPX7
bluetooth4.05.05.0
AUX接続××
充電方式Micro USBUSB Type-CMicro USB
ステレオペアリング××
本体カラーブラック、シルバー、
ピンク、ゴールド
ブラック、ネイビー、
レッド、グレー
ブラック、ブルー、
レッド
その他の特徴ラジオ, Micro SD持ち運び用の紐LEDライトの演出
価格(amazon)2,990円3,990円3,990円
amazon購入する購入する購入する
Mini 3とFlare Miniの比較

スペックを比較すると、あなたに適しているSoundcore Miniシリーズが見えてきます。

スピーカー選びのポイント

価格・サイズ(重量)・防水・有線接続の必要性・音質・デザイン

ラジオやMicroSD、有線接続をしたいなら『SoundCore Mini』!

Anker公式HPより
メリット
デメリット
  • 机の上に置いても邪魔にならないコンパクトサイズ
  • 価格が最も安い
  • ラジオが聴ける
  • microSDカードで音楽が聴ける
  • BluetoothとAUXケーブルの有線接続の2種類の接続方法が可能
  • 最大15時間の長時間再生
  • 防水機能がない
  • 音の迫力が『Mini 3』と『Flare Mini』と比べると弱い
  • ステレオペアリングができない
  • 充電はMicro USBのみ

唯一、Bluetoothによるワイヤレス接続以外にも、ラジオやmicroSDカード、AUXケーブルの有線接続ができる多機能モデルです。

パソコンに直接繋いでスピーカーにしたり、テレビ会議にも使用できる優れものです。

出力は5Wなので、野外での利用は少し迫力に欠けます。

また、防水機能はなく、お風呂や野外で使用するには少し不安なので、お部屋で使用する前提のスピーカーになります。

SoundCore mini』が向いている人

  • できる限り価格を抑えたい
  • 音量は部屋で使えるレベルでいい
  • スピーカーでラジオを聴きたい
  • 防水機能はいらない
  • パソコンなどに有線接続で使用したい
¥2,990 (2022/10/02 22:37時点 | Amazon調べ)

持ち運びに便利で完全防水機能が欲しいなら『Soundcore Mini 3』

Soundcore Mini 3
メリット
デメリット
  • 持ち運びに便利なコンパクトサイズと引っ掛け用の紐
  • 完全防水のIPX7
  • 野外でも活躍する6W出力と重低音
  • 充電がUSB Type-C
  • 最大15時間の長時間再生
  • 『Soundcore Flare Mini』に比べると、音質と音量は劣る
  • ステレオペアリングはできない
  • 有線接続はできない

『SoundCore Mini 3』は、『SoundCore Mini』とサイズ・重量はほぼ同じです。

最大の進化は、完全防水機能のIPX7になっていることです。

そのため、お風呂や野外に安心して持ち運ぶことができます。

また、充電をUSB Type-Cでできることも嬉しいポイントです。

Soundcore Mini 3 』が向いている人

  • お風呂やキャンプなどの野外に持ち運びたい
  • 防水機能が欲しい
  • 充電をUSB Type-Cでしたい
¥3,990 (2022/09/30 16:18時点 | Amazon調べ)

SoundCore Mini 3のレビューはこちら!

最も高音質で360度サラウンド+LEDライトで気分を高めたいなら『Soundcore Flare MIni』!

Soundcore Flare Mini (第二世代)
メリット
デメリット
  • 持ち運びに便利なコンパクトサイズ
  • LEDライトの演出で場が盛り上がる
  • 完全防水のIPX7
  • 360度の全方位に音を届けることができる
  • 10Wのパワフルな出力と重低音
  • 最大12時間の長時間再生
  • 持ち運ぶと少しだけかさばる
  • 有線接続はできない
  • 充電はMicro USBのみ

Soundcore Flare Mini (第二世代)』はLEDライトの演出がオシャレで、360度にサウンドを届けることができるモデルになります。

サイズは350mL缶で、カバンに入れて持ち運ぶことも容易です。

出力は10Wもあるため、野外でも問題なく使うことができます。

外で使う頻度が高い方は、『Soundcore Mini 3』よりも『Soundcore Flare Mini』を購入することをオススメします。

Soundcore Flare Mini (第二世代)』が向いている人

  • お風呂やキャンプなどの野外に持ち運びたい
  • 防水機能が欲しい
  • 野外でも使える音量と音質が欲しい
  • LEDによる演出で場を盛り上げたい
  • ステレオペアリングでサラウンド再生がしたい

Soundcore Flare Miniのレビューはこちら!

音質で選ぶなら『Flare Mini → Mini 3 → Mini』

何よりも音質を重視したい方は、

こちらの順番でご検討ください。

どのスピーカーもお値段以上の音質レベルですが、360度に広がりのあるサウンドを届ける『Soundcore Flare Mini』が最も心地よくバランスの取れた音楽体験を提供してくれるスピーカーです。

どんちゃ

音質やデザイン、LEDライトの演出などを考慮して、僕が最もオススメするスピーカーはSoundcore Flare Mini (第二世代)です!

¥3,990 (2022/10/02 08:45時点 | Amazon調べ)

まとめ〜自分に合ったMiniスピーカーを手に入れよう!〜

以上、“Anker(アンカー)”の大人気スピーカー『SoundCore Mini』と『Soundcore Mini 3』、『Soundcore Flare Mini』を比較しました。

いずれのスピーカーも特色があり、使用場面によって適正があるため、目的に合ったスピーカーを選ぶ必要があります。

SoundcoreのMiniシリーズは、持ち運びやサブスピーカーとして一台持っていて損はしないモデルになっており、本記事を参考にいずれかを手にしていただければと思います!

どんちゃ

生活の中にスピーカーを取り入れて、音楽で日常を彩ってみてはいかがでしょうか♪

¥2,990 (2022/10/02 22:37時点 | Amazon調べ)
¥3,990 (2022/09/30 16:18時点 | Amazon調べ)
¥3,990 (2022/10/02 08:45時点 | Amazon調べ)


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
Topへ
目次
閉じる