旅行

東京エディション虎ノ門 ブログ宿泊記 朝食は”洋食”と”和食”を選ベる幸せ!最高の卵料理を堪能しよう!【朝食編】

旅行

記事のポイント

●朝食はホテル内ダイニング”THE BLUE ROOM”で
○東京エディション虎ノ門の朝食は和食と洋食から選択する
●体感として周囲の人たちの選択は、和食:洋食 = 2:8
○洋食の卵料理が見た目も美しく、味も絶品


マリオット最高級カテゴリー8に属する
東京エディション虎ノ門に宿泊してきました♪


今回予約したプランでは、アフタヌーンティーが付属していたため、非日常のホテル滞在を余すことなく堪能することができました。

東京エディション虎ノ門のお部屋(プレミアタワービュー)の雰囲気や景色、アメニティについては、
こちらの記事にて詳しくまとめています。



本記事では、宿泊2日目に“THE BLUE ROOM”でいただいた朝食について
まとめていきたいと思います。

 公式HPhttps://www.marriott.co.jp/hotels/travel/tyoet-the-tokyo-edition-toranomon/
 住所〒105-0001
東京都港区虎ノ門4丁目1番1号
 マリオットボンヴォイ 
 カテゴリー
8
 オープン日2020年10月20日
 部屋数206室
 最寄駅(アクセス)東京メトロ日比谷線 神谷町駅 (徒歩2分) 【直結】
東京メトロ銀座線  虎ノ門駅 (徒歩10分)
 電話番号03-5422-1600

東京エディション虎ノ門の基本情報

エディション(EDITION)とは

東京エディション虎ノ門

東京エディション虎ノ門は、日本初のエディション(EDITION)ホテルです。

神谷町トラストタワーの31~36Fがエディション虎ノ門が入っています。


EDITIONとは、ブティックホテルの生みの親イアン・シュレーガーのコンセプトに基づいて設計されている最高級ラグジュアリーライフスタイルホテルです。


世界中で数多のホテルを展開しているマリオット・インターナショナルのブランドの中でも、最高級グレードに位置しているのが”EDITON”です。


2013年のロンドン エディションから始まり、ニューヨークを含む世界有数の都市で開業されており、現在も2022年末までの世界中の大都市の進出予定が発表されています。


日本初上陸となったエディション虎ノ門は、
イアン・シュレーガーと日本を代表する建築家 隈研吾がタッグを組み、

“洗練されたシンプル”“日本と西洋の美意識の融合”

をコンセプトとしたホテルとなっています。

部屋タイプ

客室タイプ 室数 広さ(m2)
デラックスキング 56 42
デラックスダブル 36 42
デラックスタワービューキング 43 42
プレミアキング 15 51
プレミアダブル 10 51
プレミアタワービューキング *今回の宿泊部屋* 12 51
スタジオテラス 8 42
ロフトテラスダブル 3 51
スーペリアスイート 10 70
プレミアスイート 7 90
タワースイート 3 108

客室はゲストルームからスイートまで、
部屋のサイズ景色(東京タワービュー)、テラスの有無など好みに合わせて選ぶことが可能です。

今回はプレミアタワービューキングで、アフタヌーンティー込みの宿泊プランを予約しました。


アフタヌーンティーの様子はこちらの記事でまとめていますので、
よかったらご覧ください。

東京エディション虎ノ門 宿泊記

THE BLUE ROOM(ザ・ブルー・ルーム)は天空のオアシス

東京エディション虎ノ門 THE BLUE ROOM

東京エディション虎ノ門に宿泊した際の朝食は“THE BLUE ROOM”でいただきます。


ロビーフロアの31Fにあり、“LOBBY BAR”のお隣に位置します。


青の椅子やソファーが印象的で、
観葉植物の鮮やかな緑と共に都会のオアシスを形成しています。

東京エディション虎ノ門 THE BLUE ROOM
東京エディション虎ノ門 THE BLUE ROOM


今回は窓際の席でした。

清々しい青空と東京の街を見下ろしながら、
朝食の時間を優雅に過ごすことができました。

営業時間
Breakfast 7:00-10:30
Lunch   12:00- 16:00 (LO14:30)
Blunch   12:00-16:00 (LO15:00)
Dinner   18:00-23:00 (LO21:30)

公式HP

THE BLUE ROOM 朝食のメニューは和食と洋食から選択

THE BLUE ROOM 朝食 メニュー

こちらが朝食メニューになります。


文字まで青くて、おしゃれ…


とっても悩みましたが、今回は二人とも洋食にしました。


洋食だと、メインの卵料理を右側のリストから選ぶことができます。


今回は、“アボカドトースト”“エッグ&ベーコンサンドイッチ”を頼みました。


周囲のお客さんたちを見ると、
洋食と和食の割合は、「8:2」くらいで洋食の方が人気だったかなぁという感じです。


和食も決して悪くはありませんが、
洋食の方が目新しさがあり、ここでしか味わうことのできないメニューな感じがします。

東京エディション虎ノ門で優雅な朝食(洋食)を楽しむ

東京エディション虎ノ門 朝食


ドリンクは飲み放題です。

僕はアイスティ、連れはグレープフルーツジュースを頼みました。

グリーンサラダ、スモークサーモン、ハム、チーズワンプレートで来ました。

奥に見えるのが、クロワッサンとデニッシュです。

海外での朝食でこれらのメニューは塩味が強く、
ちょっと重いなぁと思うこともありますが、
どれも程よい朝食にふさわしい味付けとなっていました。

ただ、クロワッサンとデニッシュが焼きたてでは無かったことは、
少し残念に思いました。
少し冷めていても美味しかったのですが、焼きたてを食べたかったなぁ…

タイミングによるんですかね…

東京エディション虎ノ門 朝食 エッグ&ベーコンサンドイッチ
東京エディション虎ノ門 朝食 アボカドトースト


メインの卵料理の登場です。


さすが、
シンプルな名前からは想像できない洗練された美しいサンドイッチとトーストです。

“サンドイッチなのに挟まれていないだと…(心の声)”

ナイフを入れて崩壊させるのが勿体無いくらいです。


アボカドは、昨夜”LOBBY BAR”で食べたアボカドピスタチオディップとは
全く違う味で、ちゃんと朝仕様となっていました。

東京エディション虎ノ門 ブログ宿泊記 超豪華!オータムエディションアフタヌーンティー【LOBBY BAR編】

東京エディション虎ノ門 朝食 デザート


最後は新鮮なフルーツたちをいただきます。


1日の始まりにふさわしいメニューばかりで、
2日間のホテルステイを最高な思い出で終えることができました。

まとめ

以上、東京エディション虎ノ門の朝食(洋食)はいかがだったでしょうか?


ホテル滞在で朝食は楽しみの上位に入ってくる重要イベントですよね!

東京エディション虎ノ門の朝食は、間違いなく満足できるメニュー構成となっています。
(31Fからの景色が絶景のため、ぜひ窓際を勝ち取りましょう!)


東京エディション虎ノ門の朝食を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです♪


それではときめく週末を求めて、元気に出かけましょう〜

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました