おすすめ!【”着脱式”ペーパーライクフィルム】と【エレコム製アップルペンシルの極細ペン先】で快適にiPadを使いこなそう!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

突然ですが、iPadで快適に文字を書くことができていますか?

僕は、
・iphone 11
・MacBook Air(M1)
・iPad Pro(11インチ 第一世代)
を愛用していますが、中でもiPad Proはあらゆるシーンで大活躍している端末となります。

iPadで綺麗に文字を書くことができない
長時間文字を書いていると手が疲れてくる

このようなお悩みを感じている方は、下記のiPad専用のアクセサリーによって解決することができるかもしれません。

  • YMYWorldのペーパーライクフィルム
  • エレコムのApple Pencil専用極細交換ペン先

一般的なガラスフィルムもしくは何も貼らない状態だと、画面がツルツルしているため、長時間に渡り綺麗に文字を書くことはできません。

一方で、摩擦を増やして紙の質感に合わせたペーパーライクフィルムを貼ってしまうと、高解像度で迫力のある画面が自慢のiPadの良さが失われてしまいます。

どんちゃ

綺麗な画面で映画を楽しみたいけど、文字は紙のような質感で書けたら最高だなぁ…


このような願いを贅沢にも叶えてくれるアイテムが“着脱可能”なペーパーライクフィルムとなります。

またエレコムのApple Pencil専用極細交換ペン先を用いると、書き心地は更にアップします。

ぜひ、こちらの2点を導入して、快適なiPadライフを手に入れましょう!

筆者のiPad Proの用途

  • ノート、メモ
  • YOUTUBEや映画の視聴
  • 読書
  • 動画、画像編集
  • ブログ執筆
  • EndNote(論文管理)←研究者にはかなりオススメですヨ
    など
目次

YMYWorldのペーパーライクフィルム

ペーパーライクフィルムの着脱

【YMYWorld】 ペーパーライクフィルム


こちらがYMYWorkdの着脱可能なペーパーライクフィルムを装着した状態になります。

アンチグレア加工となっているため、かなり反射は抑えられています。

透過率はガラスフィルムにはもちろん劣りますが、ストレスがかかるほどではありません。

【YMYWorld】 ペーパーライクフィルム 着脱


このように縁の黒い部分に粘着成分が付いているため、あまり触れないように着脱します。

【YMYWorld】 ペーパーライクフィルム 着脱


外したフィルムは保管や持ち運びに便利な専用の収納プレートに貼り付けます。

収納プレートをiPadのスリーブに忍ばせておくことで、どこでも着脱が可能となります。

書き心地は適度な摩擦で長時間使用しても疲れない


書き心地は適度な摩擦で疲れることがなく、文字を長時間書き続けることができます。

しかし、かなり紙の質に近い書き心地ですが、完全に紙に書いている感覚と完全に同一ではありません。

ただ、シャープペンシルやボールペンで書いたような綺麗な字をストレスなく書くことができるようになっていますので、頻繁に文字を書く方はペーパーライクフィルムは大変おすすめです。

また、標準のApple Pencilのペン先でも十分に綺麗な字を書くことができますが、後述のエレコム製のペン先を使用すると更に紙に書いている感触が増します(ガリガリ感と摩擦感)。

※ご購入の際は、iPad Proのサイズ違いにご注意ください。

ペーパーライクフィルムはガラスフィルムの上に装着しても大丈夫

【Xingmeng】ガラスフィルム


ペーパーライクフィルムの着脱が可能でも、フィルムを外している時の画面の保護について気になりますよね。

その場合は、ペーパーライクフィルムの下にガラスフィルムを貼ることで解決されます。

2枚もフィルムを貼ると、タッチ感度が落ちるんじゃないか…

と思ったそこのあなた!

どんちゃ

指、Apple Pencilのどちらも問題なく使用することができていますのでご安心ください!

使用していても、2枚貼っていることを感じません。

僕が使用しているガラスフィルムはこちらで、フィルムを貼り付けていないのではないかと思われるくらいにクリアな画面を楽しむことができています。

※ご購入の際は、iPad Proのサイズ違いにご注意ください。

寿命は確認中(2022年4月時点で10ヶ月目突入)

購入してから10ヶ月ほどになりますが、粘着力が落ちることもなく、購入時と同じように使うことができています。

着脱の頻度は不定期ですが、1週間張りっぱなしの時もあります。

粘着力が落ちてきた場合は、水で洗うことで復活するようですが、ゴミや埃が付かないように気をつけることで粘着力を維持することができます。

エレコムのApple Pencil専用極細交換ペン先

エレコムの極細ペン先は金属製の1mm

【エレコム】Apple Pencil専用極細交換ペン先(P-TIPAP01)


エレコムの”Apple Pencil専用極細交換ペン先(P-TIPAP01)”は2本セットとなっています。

第一世代と第二世代のApple Pencilに対応しています。

ペン先は高感度ので作られており、太さは1mmとなっています。

【エレコム】Apple Pencil専用極細交換ペン先(P-TIPAP01)と純正の比較


純正のペン先(右)と比較すると、その細さが良くわかります。

【エレコム】Apple Pencil専用極細交換ペン先(P-TIPAP01)と純正の比較 (上)純正 (下)エレコム製


第二世代のApple Pencilに装着すると、このような感じで、エレコム製だとより”ペン”という感じが増します。

必ずiPadに液晶保護フィルムを付けて使用すること

【エレコム】Apple Pencil専用極細交換ペン先(P-TIPAP01) 裏面


エレコム製のペン先使用時には、必ず液晶保護フィルムを装着しましょう。

金属でできており、思ったより力がかかるため、液晶画面を傷つける可能性があります。

上記の液晶保護フィルムがおすすめとなります。

極細のためペン先が見やすく、綺麗に字が書ける

【エレコム】Apple Pencil専用極細交換ペン先(P-TIPAP01)と純正の見やすさの比較


こちらがペン先の見やすさの比較です。

エレコム製(下段)が、かなり設置点が見えやすくなっています。

他の方のレビューでは、「設置したポイントと実際に描かれる線がズレる」との記載もありましたが、実際に書いた感覚としては、純正と比較してズレを感じることはありませんでした。


絵を描いたり、かなり繊細な作業をする場合に気になるかもしれませんが、文字を書いたり、メモを取ったりする分には全く気になるポイントはありません。

ペン先が細いためシャーペンのようにスラスラと文字を書くことができて、文字のバランスが整えやすいです。

また、書いていると純正よりも「ガリガリ」と音がするため、紙に書いている感覚に近しいものを感じます。

※YMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルムを使用した場合の感想です。
ペーパーライクフィルムを付けていない状態だと、ツルツルしていて、綺麗に文字を書くことは難しいです。

思わぬデメリットが、、、

先日、思わぬ事件が起きました。

極細交換ペン先(P-TIPAP01)を装着したApple Pencilを落としてしまいました。

すると、先端の金属が曲がり、全く画面に反応しなくなりました。

純正のペン先ではこのようなことは起こりませんが、極細ペン先は簡単に先端が曲がってしまうことが分かりましたので、高価な精密機器でもあるApple Pencilは大事に扱いましょう、、、

よくApple Pencilを落としてしまう方はご注意ください。

まとめ(ペーパーライクフィルムとエレコム製ペン先は最強の組み合わせ)

以上、YMYWorldの着脱可能なペーパーライクフィルムエレコム製のApple Pencil専用極細交換ペン先(P-TIPAP01)をレビューしました。

ペーパーライクフィルムで感じたメリット

  • ペーパーライクフィルムで文字(絵)は格段に書きやすくなる
  • アップルペンシルのペン先を変えるとさらに文字(絵)が書きやすくなる
  • 文字を書くことが楽しくなり、ペーパーレスがグングン進む


論文を読む際もiPadを使用しているため、全く紙に印刷することは無くなりました。

iPadに使用するアクセサリー類は毎日使うものなので、ストレスのかからないアイテムを揃えて快適な使用環境を整えましょう!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
Topへ
目次
閉じる