生活

低温調理で鶏ハム(漬け込み無しレシピ)! 温度は?調理時間は?

生活

こんにちは!

今回は、家庭でも簡単にできる低温調理による鶏ハムレシピを紹介したいと思います。


一度はどこかで、しっとりとした分厚い鶏肉のハムを食べて感動したことがあるのではないでしょうか。


これが家で作れたら、、、なんて思いますよね。


大丈夫! できます! 低温調理なら!


鶏ハムの原材料はむね肉なので、めっちゃヘルシーでぱくぱく無限に食べることができちゃう神食材です。

鶏むね肉は脂肪分が少なく、普通に調理するとパサツキますが、低温調理であれば失敗することなく、誰でもしっとりとした鶏ハムを作ることができます。

低温調理後の鶏ハムは軽く焼いて焼き目を付けてもよし、そのまま食べてもよしと、
家で作ることができたら、メニューの幅が広がること間違いなしです。


ベースが単純かつ最高レベルのため、かけるソース次第でアレンジは無限大の可能性を秘めています!


普段の料理に飽きた、低温調理に興味がある、鶏ハムってどうやって作るの?という方の参考になれば幸いです。


ではさっそく低温調理の世界に踏み出しましょう!!

材料

材料名分量
鶏むね肉1枚(今回は200g)
2g
オリーブオイル大さじ1
ローズマリー適量
低温調理 鶏ハムレシピ

鶏ハムは様々な漬け込み方法があり、筆者も色々試していますが、漬け込み時間無しでもふわっと仕上げることができる、上記材料を紹介します。

オリーブオイルと一緒に低温調理することで、胸肉特有の臭いも消えてふんわり仕上がるんですよね。
ローズマリーは好みですので、無くても大丈夫です。

今回は入れ忘れているのですが、ニンニクを入れてもGOODです。

入れて無くても、臭みもなくふんわり仕上がったので今回の紹介では抜いています。

味付け

まずは一番はじめに、上記材料を密閉袋にむね肉と共にぶち込み、揉みます

低温調理 鶏ハム 味付け

こんな感じに。


「あ!漬け込み時間を考慮し忘れてもうた! 時間ないやん…」


なんてこと多いですよね。


漬け込みはせずに、もうこのまま低温調理に入ります。


ちなみにフードシーラーで完全に真空状態にしてもいいですが、味をちゃんと付ける場合は密閉袋の方が便利です。

フードシーラーでもたまに低温調理鶏ハムを作っていますが、アイリスオーヤマ製を使用しています。

アイリスオーヤマ フードシーラー

しっかりと真空状態にでき、より熱伝導効率が上がって、安心な低温調理ができます。
何よりコスパ最強ですので、よろしければご検討ください。

普段使いとしては、冷凍保存する食品を真空パックすることで、鮮度が維持されます。
(こちらの用途としての方が重要です。)


鶏ハムに限って言えば、真空機を使わずとも、水を張ったボウルに袋をつけて、空気を抜けば十分です。

低温調理器

低温調理器 アイリスオーヤマ 

低温調理器はアイリスオーヤマのものを使用しています。

機能自体は単純ですし、温度を一定に維持さえしてくれれば何でも良いので、コスパ基準で選びました。


ちなみに楽天だとアイリスオーヤマの低温調理器とフードシーラーをまとめてセットで購入できます。
低温調理と真空パックの両方に興味がある方はどっちも買ってしまってもいいかもしれません。
(僕は形から入るタイプなので、両方を一気に購入しました♪)

低温調理に使用する箱

お湯を入れるものはDAISOの収納ボックスを利用しています。意外とまともな箱だと高いんですよねぇ…
(60度ほどのお湯を入れることができれば何でもいいです。)


37mm × 25mm × 22mm
ポリプロピレン
耐熱:120度
耐冷:-20度


多少低温調理後にふにゃっとしますが、破損等は今のところありません。
(すでに10回以上は使用しています。)

低温調理の設定条件

低温調理の様子 アイリスオーヤマ

むね肉に味をつけたら、低温調理器のセッティングです。

常温の水から63度まで上げるにはなかなか時間がかかるため、給湯器で60度近くのお湯を出して、ちゃっちゃと63度にしてしまいましょう。
(※ちゃんと63度(設定温度)になってから、むね肉を放り込んでください!)


鶏ハムを低温調理の温度と時間設定は、むね肉の厚さによって異なります。
(ただし、同時に2個やろうが3個やろうが調理時間は変わりません。)


今回のむね肉は厚さが3.0cmで、63度で1時間40分の設定にしています。


BONIQの公式サイトにむね肉の厚さと調理時間の表があるため、厚さが異なる場合はご参照ください。

(こら!「公式サイトさえ見れば、万事OKやん。」とか言わんといて!)



・・・



後は低温調理が終わるまで待つだけです。


火を使うこともないため、何をしてても大丈夫です。

僕らは自由だ!!!さぁ行こう!!!

完成品

低温調理 鶏ハム

低温調理後はこんな感じで水分が出てきます。

低温調理 鶏ハム

もっとローズマリーがついていたのですが、手で取り除きました。


十分に風味が移っているため、ホール本体は必要ありません。


お好きな方は、お口の中をローズマリーフィーバーにしてもいいかもしれませんが…食べれないことはないです。


問題は中です。切ってみると、、、

低温調理 鶏ハム

ちゃんと中心まで熱は通っています。


むしろちょっと入りすぎかもしれません。


カンピロバクターのお世話になりたくないので、これ以上攻めなくてもいいかなと思います。
(これでも十分ふんわりしていますよ!)

低温調理 鶏ハム 盛り付け

ご飯はシンガポールチキンライス風に、鶏がらスープと生姜を入れて炊きました♪
ただのご飯よりも旨み倍増でおすすめの炊き方です。


鶏ハムの方は、ちょっと太くカットしすぎましたが、食べ応え抜群です。
十分に塩味もついているため、何もかけなくても食べれますが、お好みのタレを作って召し上がってみてください。

まとめ

鶏ハムを作ってみたくなりましたか?

むね肉が3.0cmほどであれば、63度で1時間40分低温調理することで、ふっくら・しっとりな鶏ハムを作ることができます。


低温調理って危なそうだな…
難しそう…

と思われる方もいらっしゃると思いますが、調理温度と時間さえ守れば誰だってすぐにチャレンジできます!


低音調理器が無くても、熱湯に放り込むレシピあるじゃん!と思われるかもしれませんが、夏場と冬場で外気温が違う影響で、同じ方法でちゃんと中まで熱が入るか不安になります。


低温調理にチャレンジするなら、しっかりと低温調理器を導入して、安全に様々なレシピにチャレンジして、日々の食卓のバラエティを広げてみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました