【P2 Proレビュー】Ankerの体重計「Eufy Smart Scale」C1とP2 Proのスペックの違いを比較! wifi接続や家族・複数人での利用がめちゃくちゃ便利!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

突然ですが、

あなたが最後に体重を測ったのはいつですか?

一年に一度の健康診断で思った以上に体重が増えていて悲しい気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

体重は良くも悪くも「積み重ねてきた日々」の結果。

毎日楽しく体組成計を測定することで正しい食生活や運動習慣を身につけることができ、モチベーションアップにも繋がっていきます。

そこで購入したのがAnkerのスマートホームブランド「Eufy」から発売された体重・体組成計

Eufy Smart Scale P2 Pro

Eufy Smart Scale P2 Proの特徴
  • 体組成16項目を数秒で測定!
  • 体重計に乗るだけで測定開始!
  • 自動でスマホにデータを蓄積!
  • デザインがスタイリッシュ

ポイントは、体重計に乗るだけで日々の体組成データ16項目が自動的に専用アプリに蓄積されていくことです。

実際に体組成計を導入してから1日の終わりに体組成計に乗ることが楽しみとなり、すぐに習慣化しました。

「Smart Scale」には下位モデルの『C1』もあるため、スペックの違い各モデルにオススメの人を解説していきます

どんちゃ

体重計に乗るだけでスマホにデータを送信できるのはWi-Fi接続ができる『Smart Scale P2 Pro』で、こちらを購入しました!下位モデルの『Smart Scale C1』は測定時にスマホでアプリを開いておく必要があります。

目次

Eufy Smart Scale 『C1』と『P2 Pro』の違いとスペックを比較

スクロールできます

Smart Scale C1

Smart Scale P2 Pro
発売日2022年8月30日2022年8月30日
サイズ28 × 28 × 2.3cm28 x 28 x 2.6 cm
重さ1.2kg1.2kg
防水機能IPX5
測定
項目数
12項目16項目
計測範囲5 〜 150kg0.1 〜 150kg
登録人数16人無制限
赤ちゃん
ペット
モード
Bluetooth
Wi-Fi接続
本体
カラー
ホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
測定
テープ
価格3,990円6,990円
購入先 Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Smart Scale C1とP2 Proの比較

Eufy 『Smart Scale C1』と『Smart Scale P2 Pro』の大きな違いは下記の通りです。

  • デザイン
  • サイズ(厚み)
  • 防水機能
  • 測定項目数
  • 高感度センサー(50g単位の測定)
  • 登録人数
  • 赤ちゃん、ペット測定モード
  • Wi-Fi接続
  • 測定テープ
  • 価格

それぞれの違いを意識して、『Smart Scale P2 Pro』のレビューをまとめていきます。

どんちゃ

どこまでの機能が必要かを考えて、用途に合ったモデルを選択しましょう!

Eufy Smart Scale 『P2 Pro』のレビュー

パッケージの外観

Eufy Smart Scale P2 Proのパッケージ(表)
Eufy Smart Scale P2 Proのパッケージ(裏)

体重計が入ってるとは思えないガジェット感溢れるパッケージ

Anker大好きです。

開封前からワクワクが止まりません!

本体と付属品

Eufy Smart Scale P2 Pro本体と付属品

こちらが『Smart Scale P2 Pro』の本体と付属品です。

  • 本体
  • 取扱説明書
  • 単四電池(4本)
  • 測定テープ(150cm)

本体表面はガラスでできており、高級感があります。

とにかく見た目がカッコ良すぎません…?

測定テープ

P2 Proには「測定テープ(150cm)」が付いてきます。

Eufy Life 3Dアバター初期設定
Eufy Life 3Dアバター数値変更後

後述の専用アプリ『Eufy Life』に測定テープで計測した「胸部やウエスト」を入力することで、アプリ内の3Dアバターが自分に似た体型になります。

今回は変化がわかりやすいように適当な数値を入れてみると、明らかに見た目が変わりました。

どんちゃ

客観的に自分の体型が見えるので、体型管理のモチベーションに役立ちますね!

体脂肪や心拍数、筋肉量などの「16項目」の指標を測定

引用:Amazon.jpより

Smart Scale P2 Pro』は数秒間乗るだけで、16指標の測定をしてくれます。

一方、下位モデルの『Smart Scale C1』は12指標の測定となります。

それぞれの測定項目の比較表はこちら!

スクロールできます

Smart Scale C1

Smart Scale P2 Pro
体重
体脂肪率
BMI
筋肉量
筋肉率
骨量(%)
骨量(kg)
水分量
体脂肪量
除脂肪体重
基礎代謝量
内臓脂肪
体内年齢
ボディタイプ
骨格筋量
皮下脂肪率
心拍数
タンパク質
Smart Scale C1とP2 Proの比較

専用アプリ『Eufy Life』にそれぞれのカラダに関する指標が自動で分かりやすく蓄積してきます。

Eufy Lifeの結果画面

年齢や身長、体重などからそれぞれの指標の数値を評価してくれます。

Smart Scale P2 Pro』では独自の計算から体内年齢やボディタイプも判定してくれるため、現状をより分かりやすく把握できることが嬉しいポイント。

上記は筆者の測定結果ですが、体内年齢は良いとして、ボディタイプはなかなか厳しめの判定です(笑)

口コミなどを見ても、思ったより辛めの評価が出ているため、ストイックな方に向いていそうです。

「Wi-Fi接続」にも対応している

引用:Amazon.jpより

体重を測るのに毎回スマホを開くのは面倒くさいと思う方は『Smart Scale P2 Pro』がオススメ!

僕が『Smart Scale P2 Pro』で最も嬉しかったポイントが「Wi-Fi」に対応していることです。

下位モデルの『Smart Scale C1』はBluetooth接続のみなので、測定時に近くでスマホ内のアプリ「Eufy Life」を起動させて本体と接続しておかないとデータが保存されません。

Smart Scale P2 Pro』はWi-Fiに接続しているため、近くにスマホを用意しなくても、そのまま乗るだけで測定したデータが自動でスマホに送信されます。

どんちゃ

毎日体重計には乗るけど「気が向いたときにアプリで結果を確認する」使い方ができるのは『Smart Scale P2 Pro』です!

ヘルスケアアプリとの「連携」も可能

引用:Amazon.jpより

AppleのヘルスケアやGoogle Fit、Fitbitと同期できるため、健康に関するデータをまとめて管理することもできます。

「防水機能」で脱衣所に置いても安心

引用:Anker公式HPより

Smart Scale P2 Pro』は防水規格IPX5なので、バスルームの近くに置くことができます。

お風呂に入るタイミングで体重を測定したいと考えている方には『Smart Scale P2 Pro』の防水機能が安心です。

Smart Scale C1』は防水機能は付いていないため、濡れる心配がない場所に置いておきましょう!

「ITOコーティング」で赤ちゃんやペットも測定できる

引用:Amazon.jpより

Smart Scale P2 Pro』はガラス表面がITOコーティングされており、どの位置に乗っても正確に計測ができます

そのため、ポジションをキープしにくい赤ちゃんやペットなどの測定にも向いています。

Smart Scale P2 Pro』の計測単位
  • 0.1 〜 5kg:50g単位
  • 5 〜 75kg:100g単位
  • 75 〜 150kg:200g単位
Smart Scale C1』の計測範囲
  • 5 〜 75kg:100g単位
  • 75 〜 150kg:200g単位
どんちゃ

5kg以下の測定をする予定の方は『Smart Scale P2 Pro』を選択しましょう!

登録人数が「無制限」

関係しない方が多いかもしれませんが、『Smart Scale C1』と『Smart Scale P2 Pro』で体組成データの登録可能人数が異なります。

C1:16人
P2 Pro:無制限

家族だけで使う場合は「C2」16人でも十分のため、スポーツチームなどの大所帯で使う場合に「P2 Pro」の必要性が出てきます。

専用アプリ「Eufy Life」内で測定する人を登録することができます。

体重計に乗るだけで、自動で測定者が誰なのかを判別し、結果を振り分けてくれるため、複数人で使う場合も楽々です♪

どんちゃ

1人暮らしの僕にはあまり恩恵のない機能でした…(悲)

『Eufy Smart Scale P2 Pro』の使い方

最後に『Smart Scale P2 Pro』の使い方をご紹介します!

STEP
専用アプリ『Eufy Life』に登録する(無料)

まずはAnkerのライフスタイルアプリ『Eufy Life』をダウンロードします。

EufyLife

EufyLife

無料posted withアプリーチ

アカウントをお持ちでない方はメールアドレスを入力してアカウント登録を行います。

あとは年齢や身長などを入力すると、電源を入れた『Smart Scale P2 Pro』を勝手に認識してアプリに登録されます。

STEP
平らな床に置く

ふわふわの絨毯ではなく、固めの床に本体を置きます。

STEP
そのまま何も持たずに乗る

Smart Scale P2 Pro』はスマホでアプリを起動させておかなくても、Wi-Fi経由でデータをスマホに送信してくれます。

素足で普通の体重計のようにそのまま乗りましょう。

STEP
好きなときに結果を確認する

あとは『Eufy Life』アプリで気が向いたときにデータを確認してみましょう!

それぞれの指標で適正範囲や項目の説明があるため、今の体の状態を詳しく知ることができます。

どんちゃ

骨量の数値が異常に低いため不得意な指標もありそうですが、概ね予想通りの結果が返ってきています!

『C1』と『P2 Pro』どちらがおすすめ?〜それぞれのメリットとデメリット〜

Smart Scale C1
メリット
デメリット
  • 測定項目は12種類で十分
  • 価格が安い
  • 毎回の測定前にスマホのアプリを起動しなければいけない
  • 5kg以下の測定はできない

とにかく安く、体重や体脂肪、BMIを知りたい方は『Smart Scale C1』で十分です!

Smart Scale P2 Pro
メリット
デメリット
  • より詳細な項目で体組成を管理できる(16種類)
  • Wi-Fi接続で体重計に乗るだけでデータがスマホに送信される
  • 防水機能でバスルーム近くにも置ける
  • 5kg以下の赤ちゃんやペットも測定できる
  • 見た目がスタイリッシュでかっこいい
  • 価格が「C1」より3,000円ほど高い
  • 一般人に16種類も測定項目は不要

より詳細な体組成項目を知りたい方や測定前にスマホを操作するのが面倒な方は『Smart Scale P2 Pro』がオススメです!

まとめ〜測定は毎日するものだからWi-Fi接続が超便利〜

Smart Scale P2 Pro(ブラック)

以上、筋トレや食事制限の効果を見るために導入したAnkerの体組成計Smart Scale P2 Proをレビューしました。

下位モデルの『Smart Scale C1』と比較するとSmart Scale P2 ProWi-Fi接続によるスマホへのデータの自動送信が非常に魅力的だと感じました。

毎日お風呂に入る前に利用しているため、わざわざスマホを持っていかずに、ただ乗るだけで16種類の体組成が蓄積されていることは助かっています。

移動中などの気が向いたときに1週間のデータを確認して、食べ過ぎや運動不足の確認ができるようになりました。

長く使うものですし、ほとんどのご家庭にWi-Fiはあると思いますので、少しでも手間を減らしたい方はSmart Scale P2 Proの購入をおすすめします♪

どんちゃ

ご自分のライフスタイルに合ったモデルを選択して、体組成を日々の生活の道標として利用していきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
Topへ
目次
閉じる