【おすすめはどっち?】Ankerの体重計Eufy Smart Scale P3とP2 Proを比較レビュー!性能の違いやスペックを解説!

※当サイトには広告が含まれています
本記事はこのような人におすすめ
  • 旧モデル『P2 Pro』と新モデル『P3』どちらを購入しようか迷っている方
  • 『P2 Pro』から『P3』への買い替えを検討している方
  • 毎日体重計に乗る習慣を付けて痩せるモチベーションを高めたい方

筆者は1年以上に前からAnkerの体重・体組成計『Eufy Smart Scale P2 Pro』を愛用してきました。

P2 Pro』は体重だけでなく、筋肉や脂肪量など16種類の体組成データをスマートフォンで確認することができる素晴らしい体重・体組成計だということを実感してきました。

どんちゃ

毎日体重計に乗ることで食べ過ぎ防止や運動の習慣を身につけることができたのも嬉しいポイントです♪

デザインと機能に何一つ不満は無い『P2 Pro』ですが、23年7月に最新モデル『Eufy Smart Scale P3が発売されました。

そこで本記事では『P2 Pro』愛用者が『P3』を使ってみて感じたポイントをまとめていきます!

結論

体組成データをスマホで確認する方P2 Pro』で十分
体重計に乗っているときに体重以外の体組成データを確認したいP3』を検討する価値がある

どちらを購入するか本記事を参考にしていただければ幸いです!

16指標も測定する必要がない方は、Anker体重計の下位モデルSmart Scale『C1』を下記記事にてご確認ください♪

関連記事:「Eufy Smart Scale」C1とP2 Proのスペックを比較!

タップできる目次

Eufy Smart Scale 『P3』と『P2 Pro』の違いとスペックを比較

スクロールできます

Smart Scale P3

Smart Scale P2 Pro
発売日2023年7月4日2022年8月30日
サイズ32.5 × 32.5 × 2.6cm28 x 28 x 2.6 cm
重さ1.9kg1.2kg
防水機能IPX5IPX5
測定
項目数
16項目16項目
ディスプレイ表示
可能項目数
143
計測範囲3 〜 150kg0.1 〜 150kg
登録人数無制限無制限
赤ちゃん
ペット
モード
Bluetooth
Wi-Fi接続
本体
カラー
ホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
測定
テープ
価格9,990円6,990円
購入先 Amazon
楽天
Yahoo
Amazon
楽天
Yahoo
Smart Scale P3とP2 Proの比較

Eufy『Smart Scale P3』と『Smart Scale P2 Pro』の違いは体重計のディスプレイで見れる測定項目の数が異なることです。

『Smart Scale P3』は3.5インチのカラーディスプレイが付いており、体重や体脂肪量、BMIなどの14種類の項目を確認することができます。

『Smart Scale P2 Pro』は体重、体脂肪率、心拍数の3項目のみが表示されます。

デザインはどちらのモデルも鏡のように反射するガラス素材となっており、体重計とは思えないほどスタイリッシュです。

また本体サイズはカラーディスプレイが付いた『P3』の方が一回り大きいため、乗ったときの安定性が向上しています。

どんちゃ

スマホで体組成データを確認することが面倒な方は『Smaer Scale P3』だと測定と同時にわかるため便利ですよ♪

Smart Scale『P3』と『P2 Pro』のそれぞれにおすすめな人

『P3』が
おすすめの人
『P2 Pro』が
おすすめな人
  • 16種類の体組成データをその場で確認してモチベーションを高めたい
  • スマートフォンで体組成データを見るのが面倒くさい
  • 16種類の体組成を測定したいけど、毎日見る必要はない
  • 体重以外の体組成データはスマホで確認できれば良い
  • 体重計の設置スペースの都合で本体は小さい方が良い
  • 少しでも購入費用を抑えたい

どちらを購入するか、判断基準は明確です。

どちらを買うべきか迷ったら...

体組成データを体重計に乗っているときに確認したい方Smart Scale P3

体重計に乗っているときは体重が分かればよく、その他15指標はスマホで確認できればいい方Smart Scale P2 Pro

続いてそれぞれのモデルを比較しながら詳細にレビューをまとめていきます!

Smart Scale『P3』と『P2 Pro』を比較レビュー

Smart Scale(左:P3 右:P2 Pro)

それではAnkerの体重計Eufy Smart Scale『P3』と『P2 Pro』をレビューしていきます。

本体サイズは『P3』の方が一回り大きく、乗った時の安定感が向上しています。

どちらもカラーはブラックになりますが、ネイビーのような高級感のあるブラックです。

表面が全てを反射するピカピカなガラス素材のため冬場は上に乗ると足がひんやりします。

Eufy Smart Scale パッケージ(表)(左:P3 右:P2 Pro)

こちらがパッケージ(表)です。

サイズが違うだけで記載内容はほとんど同じです。

Eufy Smart Scale P3のパッケージ(裏)
Eufy Smart Scale P2 Proのパッケージ(裏)

こちらがパッケージ(裏)です。

『P3』の3.5インチカラーモニターで健康データが確認できること以外はほぼ同じ内容が記載されています。

どんちゃ

どちらも体重計が入っているとは思えないデザインで、ガジェット好きの心をくすぐります

本体と付属アイテム

Smart Scale P3の本体と説明書
Smart Scale P2 Proの本体、説明書、電池、測定テープ

Smart Scale P3

  • 本体
  • 取扱説明書
  • 単四電池(4本)←写真には写っていませんが付属しています

Smart Scale P2 Pro

  • 本体
  • 取扱説明書
  • 単四電池(4本)
  • 測定テープ(150cm)
P2 Proに付属する測定テープ

『P3』『P2 Pro』には付属している測定テープが無くなりました。

Eufy Life 3Dアバター初期設定
Eufy Life 3Dアバター数値変更後

後述の専用アプリ『Eufy Life』に「胸部やウエスト」を入力することで、アプリ内の3Dアバターが自分に似た体型になります。

客観的に自分の体型を見ることができるためモチベーション向上に繋がるのですが、測定テープが無いと胸部やウエストは測定できません。

そのため『P3』を購入する場合は自分で測量テープを用意する必要があります。

ディスプレイの違い

P3のカラーディスプレイ

Smart Scale P3』の最大の特徴である3.5インチのカラーディスプレイは大きく、見やすくて便利です。

P2のディスプレイ(心拍数の表示)

『P2 Pro』は体重計に乗ると「体重→体脂肪量→心拍数」の順番で画面が切り替わりますが、

『P3』は体重計に乗ると「体重」が表示されてから、

画像引用:Amazon.jp

専用アプリ『Eufy Life』で好みに設定した体組成データの項目を自由に表示することができます。

画像引用:Amazon.jp

また足で本体をタップするだけで、様々な指標の計測結果や推移を確認することができます。

どんちゃ

体重計に乗る時間が長くなるので、この時点で様々な体組成データを見ることに魅力を感じない方はスマホのみで確認ができる『P2 Pro』が向いていますよ♪

体脂肪や筋肉量などの「16指標」の測定ができ、結果に差はない

画像引用:Amazon.jp

どちらのモデルも体重計に数秒間乗っているだけで16指標の体組成データを測定してくれます。

測定項目(16指標)

体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、心拍数、水分量、基礎代謝量、内臓脂肪、除脂肪体重、体脂肪量、骨量、体内年齢、タンパク質量、皮下脂肪率、ボディタイプ、骨格筋量

それぞれの体重計で測定した結果をご紹介すると、

Smart Scale P3の結果
Smart Scale P2 Proの結果

※このとき『P3』の心拍数測定をオンにしていなかったため測定できていませんが、設定から変更できます。

Smart Scale P3の結果
Smart Scale P2 Proの結果

ほとんど同じ値が返ってきているため、『P3』と『P2 Pro』の16指標を測定する性能は同じと言えます。

Smart Scale P3の結果
Smart Scale P2 Proの結果

ほぼ毎日運動している筆者でさえも『P2 Pro』でボディタイプは運動不足と言われる辛口判定でしたが、『P3』でも厳しい評価基準は健在です。

体内年齢は実年齢と一致しているため、正確な測定が行われていると思います。

16指標の体組成の変化を蓄積できる

16指標の経時グラフが作成される

どちらのモデルも毎日体重計に乗ることで体重やBMIなどの16指標の変化を蓄積したグラフを作成することができます。

不摂生な生活をしてしまった場合は変化が一目瞭然で見て見ぬふりはできなくなるため、健康的な生活を目指すきっかけになります。

「Wi-Fi接続」に対応している

画像引用:Amazon.jp

『P3』と『P2 Pro』の便利なポイントが本体のWi-Fi接続です。

開封時にお家のWi-Fiと接続することで、あとは体重計に乗るだけでスマホのアプリにデータが自動で蓄積されていきます。

下位モデルのEufy Smar Scale C1は測定するときにスマホのアプリを起動しておく必要があるため、いずれ面倒くさくなりデータの蓄積を諦めてしまうことは目にみえています。

本体価格は少し高くなりますが、長く快適に使うためにも『P3』もしくは『P2 Pro』の購入をお勧めします。

「ITOコーティング」で赤ちゃんやペットも測定できる

画像引用:Amazon.jp

どちらのモデルはガラス表面がITOコーティングされており、どの位置に乗っても正確に計測できます

そのためポジションをキープしにくい赤ちゃんやペットなどの測定にも向いており、専用のモードが搭載されています。

特に『P3』は体重計本体のサイズが大きいため、乗った時の安定感があります。

『P3』と『P2 Pro』の計測範囲の違い

Smart Scale P3』の計測範囲
  • 3〜5kg:50g単位
  • 5 〜 75kg:100g単位
  • 75 〜 150kg:200g単位
Smart Scale P2 Pro』の計測単位
  • 0.1 〜 5kg:50g単位
  • 5 〜 75kg:100g単位
  • 75 〜 150kg:200g単位

『P3』は計量範囲が僅かに変更されており、最小3kgからとなっています。

ペットなど3kg以下の測定が必要な場合はSmart Scale P2 Proの方がいいかもしれません。

登録人数は無制限

どちらのモデルも体組成データを登録できる人数は無制限です。

専用アプリ「Eufy Life」内で測定する人を登録することができ、体重計に乗るだけで自動で測定者が誰なのかを判別し、結果を振り分けてくれるため、複数人で使う場合も楽々です♪

『Eufy Smart Scale P3』の使い方

最後に『Smart Scale P3』の使い方をご紹介します。

設定方法は数分で終わる簡単な作業なので、心配しなくても大丈夫ですよ♪

Smart Scale P2 Proの使い方はこちらの記事で詳しく解説しているためご参照ください。

関連記事:「Eufy Smart Scale」C1とP2 Proのスペックを比較!

STEP
専用アプリ『Eufy Life』に登録する(無料)

まずはAnkerのライフスタイルアプリ『Eufy Life』をダウンロードします。

EufyLife

EufyLife

無料posted withアプリーチ

メールアドレスを入力してアカウント登録を行います。

アカウトを登録したら、年齢や身長などを入力し、体重計の裏面にある電源ボタンを押しましょう!

STEP
デバイスを追加してWi-Fiに接続する

アプリを起動して「アカウント」からデバイスを追加を押すと体重計を探してくれます。

デバイスが追加されたらWi-Fiの設定を行います。

Wi-Fi情報を入力すると体重計がWi-Fiと接続を開始します。

これで体重計の設定は完了です。

STEP
平らな床に置く

ふわふわの絨毯ではなく、固めの床に本体を置きます。

STEP
そのまま何も持たずに素足で乗る

Smart Scale P3』はスマホでアプリを起動させておかなくても、Wi-Fi経由でデータをスマホに送信してくれます。

素足で普通の体重計のようにそのまま乗りましょう。

どんちゃ

電源を付ける必要もないため、煩わしい作業は一切ありません。毎日体重計の上に立つだけで16指標の体組成データを測定することができます♪

STEP
カラーディスプレイで結果を確認する
画像引用:Amazon.jp

乗っている間にカラーディスプレイに表示された体重などのデータを確認します。

体重計のディスプレイにメインで表示する指標はアプリ上で選択できます。

表示する項目が多すぎても把握できないため、気になる3つの指標を選択しましょう!

STEP
好きなときにスマホで結果を確認する

測定した16指標の結果は『Eufy Life』アプリで確認することができます。

それぞれの指標で適正範囲や項目の説明があるため、今の体の状態を詳しく知ることができます。

どんちゃ

ディスプレイでは軽い確認に留めて、移動中などにスマホで詳しくチェックするようにしています♪

『P3』と『P2 Pro』のメリットとデメリット

ここまで読んでいただいた方は『P3』もしくは『P2 Pro』のどちらを購入すべきか明確になったのではないでしょうか。

最後に改めてそれぞれの体重計のメリットとデメリットをご紹介します。

Smart Scale P3

メリット
デメリット
  • 3.5インチカラーディスプレイでその場で14指標の結果を確認できる
  • Wi-Fi接続で体重計に乗るだけスマホアプリにデータが蓄積される
  • デザインがスタイリッシュでどこに置いてもインテリアになる
  • 体重計が大きくて乗りやすい
  • 本体サイズが大きい
  • 値段がC2 Proより3,000円高い
  • 3kg以下の測定はできない
どんちゃ

体重・体脂肪率・心拍数以外のデータをディスプレイで確認することに魅力を感じる方はご検討ください!

Smart Scale P2 Pro

メリット
デメリット
  • Wi-Fi接続で体重計に乗るだけでデータがスマホに送信される
  • 3kg以下の赤ちゃんやペットも測定できる
  • Wi-Fi接続で体重計に乗るだけスマホアプリにデータが蓄積される
  • デザインがスタイリッシュでどこに置いてもインテリアになる
  • コンパクトなサイズで置き場に困りにくい
  • 価格がP3より3,000円安いのに測定の精度は変わらない
  • 体重計のモニターでは「体重・体脂肪率・心拍数」しか表示できない

 

どんちゃ

体重計では体重や体脂肪率が分かれば良く、その他の指標は気が向いたときにスマホで確認すればいい方は『P2 Pro』がお勧めですよ♪

Anker体重計の口コミ

最後にAmazon楽天市場で確認したAnker Smart Scale『P3』と『P2 Pro』の口コミの一部を紹介します。

Anker Eufy Smart Scale P3の口コミ

アプリ管理できてGOOD!
0.1kg単位で計測されたものがアプリに記録されるので便利 (5)

体重、除脂肪体重、体脂肪率、筋肉量、骨格筋力、皮下脂肪率、水分量、タンパク質量、骨量、内臓脂肪量レベルなど様々な項目が測定でき、重さに関しては0.1kg単位で計測されたものがアプリに記録されるので便利です。
ダイエットしても3日で0.1kgくらいしか体重が減らないと、効果が実感できにくいですがアプリの記録を振り返ると、1ヶ月で1kgくらい減っていたりするので変化が分かってやる気がでます!

引用:Amazon.jp

Wi-Fi接続がポイント!
毎回スマホと連携する必要がないのが便利(5)

bluetoothだけでなく、wifi接続対応なので、測った情報は自動的にwifiでオンラインにアップロードされる為、毎回スマホと連携させる必要はなく、見たい時にスマホで見られるのはすごく楽。

体重計自体にもグラフが表示されるので日々の変化の確認が出来そう。

アプリ側も今のところ使いやすい。

引用:Amazon.jp

スマホにデータが送られるのが良い
冬の朝に乗るとかなり冷たい(4)

スマホにデータが送られるので体重の推移が見れていいです。
冬朝乗ると結構冷たいです。
画面が大きいのに数字が小さいので、見にくいです。
計測が終わったかも最初は分かりにくかったです。
ファームウエアのアップデートが完了しないです。

引用:楽天市場

Anker Eufy Smart Scale P2 Proの口コミ

自室に置きたくなる組成形
何度測定してもほぼ同じ値を表示してくれる (5)

アプリとの連携が良く出来ています。。
Applewatchを持っていればiPhoneを通しての消費カロリーの連携が取れ、目標体重に向けてのカロリーコントロールが非常にしやすいです。

測定精度も良く、何度も測定してもほぼ同じ値を表示してくれます。
購入時面倒だと思っていたWifiとの接続も一瞬で完了し、スムーズに出来ました。

測定面もフラットであるため、掃除がしやすいです。
他の体重計だと意外と測定部との段差に汚れが溜まりやすいので、フラットである所がポイント高いです。

引用:Amazon.jp

データの量が多くて楽しい
何度測定してもほぼ同じ値を表示してくれる (5)

私は、水分、タンパク質、骨量、骨格筋量、基礎代謝が低いんだなと自覚しました。
これから自分の体改善に努めようとはりきっています。

引用:Amazon.jp

白を買うべき
乗るだけで自動でデータが反映される (4)

乗るだけで自動でデータが反映されるのでとても高評価です!

ただ白を買うことをお勧めします。
ものすごく汚れが目立つので。

引用:Amazon.jp

データの量が多くて楽しい
何度測定してもほぼ同じ値を表示してくれる (5)

結論買ってよかったです。

使っていたタニタ製のヘルスメーターの調子が悪かったからなのですが、ネットでいろいろと検索をしたところ、本製品はさまざまなヘルスメーターの中でも、測定データに誤差が少ないとも書いてあったのが決め手になりました。

我が家の利用者は、アラフィフ夫婦だけですが(ペットモードもあって驚きました)、お風呂上りと起床時の2回乗って、その結果などをお互いに軽く話す(アプリで共有管理できますが、我が家は互いのデータは共有にしていません)、という時間が生まれました。それが意外と大きな良い変化かもしれません。

ただ16項目全部を測定するのに、20秒くらいは乗ったままになるので、それが好まない方にはおすすめできません。私も最初は長いかなと心配でしたが、いまはしっかり測ってくれているのね~とじっと楽しみにしています。

お値段がお手頃の割にデザインも美しいので、どなたかへのプレゼントにもよさそうだなと考えています。

引用:楽天市場

まとめ〜ディスプレイは便利だけど…〜

以上、Eufy『Smart Scale P3』と『Smart Scale P2 Pro』の比較レビューをお届けしました!

3.5インチカラーディスプレイで体重以外の体組成データも確認したいですか?

上記の質問に「はい」の方はP3をご検討ください。

体重測定時は体重が知れれば良く、その他の指標はスマホで確認する方はP2 Proで大丈夫です。

どんちゃ

どちらの体重計も測定結果は同じだったので、性能に違いはありません。スマホで結果を確認することに満足している筆者は『P2 Pro』で十分だと感じています!

どちらもデザインはおしゃれでカッコいいので、Ankerの体重計でモチベーションを上げて体のバランスを整えていきましょう!

16指標も測定する必要がない方はAnker体重計の下位モデルSmart Scale『C1』もご検討ください。

関連記事:「Eufy Smart Scale」C1とP2 Proのスペックを比較!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次