ガジェット

NATURE Remo miniでテレビやエアコンのリモコンとおさらばしよう!手元のスマホで操作できちゃうんです。設定方法を解説!

ガジェット

あーーー、リモコン(TVやエアコン)がどっかいってもうた!!!

スマホや声で家電を操作できたらいいのに…(in 部屋)


このように、外に出かける直前になってからリモコンを探し回って焦る。


なんてこと、ありますよね?


スマホ音声操作できる家電は、
最新式のものだけではありません!


今回は赤外線リモコンで操作している既存の家電たちをスマート化
してしまう“NATURE Remo mini2”のレビュー記事になります。

この記事を読めば、
明日からでもNATURE Remo mini2の使用を開始することができます。

記事のポイント

○すでに使っている家電をスマート化(音声やスマホで操作)できる!
●NATURE Remo mini2はAlexa/Google Home/Siriの音声操作に対応している
○NATURE Remo mini2の登録とAlexaとの連携方法がよく分かる
●NATURE Remo mini2でも十分な機能が備わっている


部屋の中にある赤外線リモコンを使用した家電をスマート化して、
部屋の中をスッキリ快適に、日々のちょっとしたストレスを無くしていきましょう!

NATURE Remoについて

NATURE Remo mini 2とは

NATURE Remo mini 2は、スマートリモコンと呼ばれる製品となります。


今までは、複数のリモコンを一つにまとめる方法といえば、
学習リモコンを使う必要がありました。


しかし、結局のところ“リモコン”です


NATURE Remo mini 2では、このように赤外線を登録することで、
学習リモコンのように複数のリモコンを一つにまとめることや、
Wifiなどのインターネットを通して、スマホから外出先でも家電を操作
することができるようになります。

NATURE Remoシリーズのスペックを比較

項目  NATURE Remo 3  NATURE Remo mini 2 premium  NATURE Remo mini2
サイズ70 x 70 x 18mm58 x 58 x 16 mm  58 x 58 x 16 mm
 重さ 40g23g23g
 センサー 温度・湿度・照度・人感温度温度
通信無線LAN IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
赤外線
Bluetooth Low Energy
無線LAN IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
赤外線
Bluetooth Low Energy
(セットアップ時のみ)
無線LAN IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
赤外線
Bluetooth Low Energy
(セットアップ時のみ)
赤外線強度
 (操作範囲)  
基準
(約10m)
Remo 3の1.5倍
(約15m)
Remo 3と同等
(約10m)
価格9,980円(税込)6,980円(税込)5,980円(税込)


NATURE Remoシリーズには、“mini2”の他に、

“NATURE Remo 3”
NATURE Remo mini 2 Premium”

が販売されています。


違いとしては、

□ 大きさ
□ センサーの種類
□ Blootooth利用のタイミング
□ 赤外線が届く距離
□ 価格

となっています。


Blootoothについては、NATURE Remo 3の場合、
Qrio Rock(スマートロック)やmornin Plus(自動カーテン)
と連動することができます。

これらを使用すると、
すでに使用しているドア鍵やカーテンをスマート化することが可能です。


我が家では、Qrio Rockは使用していますが、
特に音声で操作する必要はないため、Remo 3は必要ありませんでした。


また、センサーについてですが、
とりあえず音声で家電を操作したいくらいの方は“Remo mini 2″で十分だと思います。
※加湿器などを湿度センサーと連動したい場合は、Remo 3をお勧めします。


“mini 2 Premium”は、黒とネイビーが選択できることと、赤外線の距離が広がります。
大きな部屋で使う場合や、
部屋のインテリアとして色にこだわりがある場合に選択すると良いです。

NATURE Remo mini 2 いざ使用

付属品

NATURE Remo mini 2 付属品


付属品は、

・本体
・micro USB ケーブル(1.5m)
・取り扱い説明書

となっています。

取り扱い説明書も詳しくは記載がなく、
アプリに従って設定を進めていきます。

セットアップ 〜アプリのダウンロード〜

まずは、取り扱い説明書に記載のQRコードから、
専用のアプリをダウンロードします。
(ios, Androidのどちらも対応しています。)

セットアップ 〜Remo mini 2の電源は勝手につく〜


このように裏側にUSBを挿すと、
自動的に電源がつきます。


出っぱらないようにUSBの挿し口に窪みがあることと、
壁掛け用の穴があるところが素晴らしい工夫です。


アプリを起動すると、下記のように従い進めていきます。

Remo mini 2 接続方法

①国を選択します。
②モデルを選択します。(今回はNature Remo mini 第2世代)
③Remo mini 2の電源をON!
④自動でデバイスを検出してくれます。
⑤デバイスを発見(一瞬です。賢い!)
⑥wifiを設定します。
⑦入力が正しければ接続が開始されます。
⑧これで設定完了です!


めっちゃ簡単です!!!


取り扱い説明書にはほとんど何も書かれておらず少し心配でしたが、
アプリと接続方法が優秀なため、全く苦労せずに接続することができました。


この手の製品では、wifiの接続がややこしくて諦められてしまいがちですが、
NATURE Remo mini 2はwifi接続の方法がかなり改善されており、好感度高めです。

赤外線リモコン(SHARPのテレビとエアコン)を登録!


Nature Remoアプリから、
新しい家電を追加します。


今回は、テレビとエアコンのリモコンを追加しますので、
“テレビ”もしくは”エアコン”を選択します。


すると、Remo mini 2が赤外線信号を待機してくれます。


このように登録したいリモコンのボタンを
Remo mini 2ちゃんの前で“ポチッ”と押します。


すぐに反応してくれます。


試しに電力ボタンを押して、テレビが起動すれば完了です。

NATURE Remo mini 2テレビリモコン画面


同じようにエアコンのリモコンを登録してみると、
こんな感じです。

NATURE Remo mini 2 エアコンリモコン画面


このようにプリセットが登録されている家電の場合は、
対応したボタンが全てスマホ上に現れます。
他の家電でも、同様の方法で追加していく形になります。


全く遅延や違和感もなく、普通にリモコンとして使用することができます!


アカウントを登録するため、iPadや他の端末もアプリにログインするだけで、
同じようにリモコンとして使えるようになります。


違う部屋でベッドに入ってから
エアコンの消し忘れに気づいたり、
寒い朝にベッドから出ずにスマホからエアコンを起動できることに
大変ありがたみを感じています…

Alexa(アレクサ)との連携


NATURE Remoシリーズは、スマホ上でリモコンとして操作するだけではなく、
Alexa, Google HOME, Siriなどで音声でも操作することができるようになります。


今回は、Alexaとの連携方法についてご紹介します。

NATURE Remo mini 2 とAlexa(アレクサ)の連携
Alexaとの連携方法

①Alexaアプリの右上の“+”ボタンをクリックします。
②複数のデバイス候補から、“ハブ”を選択します。
③ブランドを“Nature Remo”を選択して完了です!


こちらの設定方法も、めっちゃ簡単です。


これで、NATURE Remo mini 2に登録した
テレビやエアコンをAlexaにお願いすることで操作できるようになります。

NATURE Remo mini2のオートメーション機能がすごい!

NATURE Remo mini2の活躍は、
単純にリモコンを一つにまとめるだけにとどまりません。

その他メリットとして、オートメーション機能があります。


例えば、

・自宅の半径500mに入った場合にエアコンを起動する(GPSを利用)
・室温が30℃以上になったらエアコンを28℃で開始する(温度センサーを活用)
・毎日9:00-18:00でエアコンを起動する。


など場所や時間、温度に応じて自動に動くように設定することができます。


基本的な操作だけでも十分活躍してくれるRemo mini 2ですが、
全ての機能を使い倒したい方オートメーション機能で生活をさらに快適に
していきましょう!

エアコンを自動で5:30-7:00にオン・オフしてみよう!(Alexa × NATURE Remo mini2の設定方法を徹底解説)

赤外線リモコンで何時間後にエアコンを起動させたり、
電源をオフにする機能はありますが、
以下の不満を感じることがありませんか?

・0.5時間刻みで理想の時間帯に設定できない
・エアコンの時計が正確でないために、起動時間がずれて地味にストレス
毎日(例えば平日のみ)同じ時間に起動するのに、リモコンを操作することがめんどくさい
・エアコンの電源を消すことを忘れてしまう

NATURE Remo mini2のオートメーション機能を使えば、
これらの不満は全て解消されます!

今回は我が家で使用しているAlexaと連携することで、

平日の
5:30に電源をオン
7:00に電源をオフ

を実行するオートメーションの設定方法を紹介します。

こちらの設定で、平日の朝寒くて起きれない方
毎日快適に起床することができるようになりますよ!

NATURE Remo mini 2 とAlexa(アレクサ)のオートメーション機能設定方法(エアコン)
NATURE Remo mini 2 とAlexa(アレクサ)のオートメーション機能設定方法(エアコン)
エアコンのオートメーション設定方法

①Alexaアプリを起動し、右下の“その他”をクリックします。
“定型アクション”をクリックします。
③右上の“+”をクリックします。
 (ここがAlexaに設定している音声操作やオートメーション機能の一覧となります。)
④ここから定型”アクション名”, “実行条件(オン・オフのタイミングなど)”, “アクション(何をするのか)”を設定していきます。

NATURE Remo mini 2 とAlexa(アレクサ)のオートメーション機能設定方法(エアコン)
エアコンのオートメーション設定方法

⑤定型アクション名に“自分が分かりやすい設定名”を入力します。
⑥入力が反映されます。次に“実行条件を設定”をクリックします。
⑦今回は時間で制御するため、“時間を指定”をクリックします
⑧”起動したい曜日”を押して白くします(白くなっている曜日が起動します)。
 今回は平日のみで良いので、M,T,W,T,Fを押しています。
 時刻で、”電源をオンにしたい時間“を設定します。

NATURE Remo mini 2 とAlexa(アレクサ)のオートメーション機能設定方法(エアコン)
NATURE Remo mini 2 とAlexa(アレクサ)のオートメーション機能設定方法(エアコン)
エアコンのオートメーション設定方法

⑨続いて、“アクションを追加”をクリックします。
⑩どこかに“スマートホーム”がありますので、クリックします(並び順は異なります)。
11. “全てのデバイス”をクリックします
12. “エアコン”をクリックします(NATURE Remo mini2に登録した家電のみ出てきます)。
13. 今回は電源を起動させたいので、“電源”を押します。
14. “オン”を押して、左上の矢印を押して前画面に戻ります。

NATURE Remo mini 2 とAlexa(アレクサ)のオートメーション機能設定方法(エアコン)
エアコンのオートメーション設定方法

15. 最後に右上の“保存”を押して完了!!!
16. 定型アクション一覧に追加されています。

NATURE Remo mini 2 とAlexa(アレクサ)のオートメーション機能設定方法(エアコン)

7時に電源をオフする設定は、
14枚目の設定画面で、“オフ”にします。
※定型アクション名や実行条件の設定の流れは全く同じです。


こちらの方法で、
誰でも簡単にエアコンの自動オン・オフを設定することができます!

まとめ

以上、スマートリモコン NATURE Remo mini 2のレビューを行いました。

使ってみた感想としては、
Remo mini 2はRemo 3シリーズの廉価版ではありますが、
機能としては十分です。


部屋の至るところに散在する赤外線リモコンって、

“どっかに行って探すのがめんどくさい”
“部屋のインテリアを邪魔していて、なるべく置きたくない”

ということが起きがちですが、Remo mini 2であれば、
スマホや音声で操作することで、その煩わしさから解放されます!


家電を声やスマホで消すことができると、
外に出かけるときにリモコンを探し回らなくて済み、
何気ない日々のストレスはかなり軽減されます。

急いでいる時にアレクサがテレビとエアコンを消してくれることは
本当に助かっています。

また消し忘れた場合も、外出先で確認して消すことも可能です。


すでに使用している赤外線リモコン家電をスマート化する場合には、
ぜひNATURE Remo mini 2をご検討ください♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました