【UBOOM L レビュー】EarFunのコスパ最強28Wワイヤレススピーカーの音質は?使用感を徹底解説!

※当サイトには広告が含まれています

スピーカーで迫力のある重低音を楽しみたい…!

今回はワイヤレスイヤホンなどのワイヤレスオーディオ機器でじわじわと人気を博してきている『EarFunのスピーカーをレビューしていきます。

購入したワイヤレススピーカーがこちら!

EarFun UBOOM L

2022年に発売された『UBOOM L』です。

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)
EarFun UBOOM Lの特徴
  • 国内最大級のオーディオビジュアルアワードVGPで金賞を受賞
  • 独自のJumboBasstテクノロジーで迫力のある重低音を実現
  • IP67防水規格でお風呂やプールサイドで使える
  • 最大16時間再生のロングバッテリー

1万円以下の中ではかなりコスパが良く、機能も盛りだくさんのワイヤレススピーカーです。

筆者は初めてのEarFunワイヤレススピーカーを使用しましたが、実際に使ってみると良い面とイマイチな面が見えてきたので本記事で紹介していきます。

記事の後半で同価格帯で競合のAnkerのワイヤレススピーカーと比較しているため購入時の参考にしてみてください♪

EarFun UBOOM Lがおすすめな人
  • 圧倒的な重低音の広がりで音楽を楽しみたい
  • お風呂やプールサイドで使えるスピーカーが欲しい
  • コンパクトで持ち運べるスピーカーが欲しい
タップできる目次

EarFun UMOOB Lのスペックと特徴


UBOOM L
価格7,990円
発売日2022年7月11日
サイズ奥78×幅210×高72mm
重さ650g
通話
連続再生時間最大16時間
出力28W(14W+14W)
防水機能IP67
BluetoothBluetooth5.0
AUX接続
充電方式USB Type-C
ステレオペアリング
本体カラー ブラック
購入先 Amazon
楽天
Yahoo
EarFun UBOOM Lのスペック

EarFun UBOOM Lの基本的なスペックをまとめました。

EarFun UBOOM Lの特徴
  • 国内最大級のオーディオビジュアルアワードVGPで金賞を受賞
  • 2基の55mmダイナミックドライバーで最大28Wの大音量
  • 独自のJumboBasstテクノロジーで迫力のある重低音を実現
  • インドアとアウトドアの2種類のサウンドモードを搭載
  • ビデオモードで低遅延で映画やYOUTUBEを楽しめる
  • IP67防水規格でお風呂やプールサイドで使える
  • 最大16時間再生のロングバッテリー

UBOOM Lの特徴をみてみると、1万円以下のスピーカーとは思えないほどてんこ盛りの機能だということがわかります。

特に迫力のある重低音は高級スピーカーに引け劣らない実力です。

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

EarFun UMOOB Lのメリットとデメリット

メリット
デメリット
  • 高コスパでクリアな音質を楽しめる
  • コンパクトでカバンに入れて気軽に持ち運べる
  • ロングバッテリーで外出先でも充電を気にせずに使える
  • 防水規格IP67でお風呂やプールサイドで使用できる
  • 専用アプリでカスタマイズはできない

音質と音量は1万円以下のスピーカーの中ではかなり上位になります。

さらにコンパクトなので、お家だけでなくアウトドアでも気軽に持ち運んで使うことができます。

デメリットとしては専用アプリでイコライザー調整や本体の操作ができないことです。

またBluetoothが接続した状態で音を再生しない状態が続いても電源が自動でオフにはなりません。

Bluetoothの接続が切れた状態であれば自動的に電源はオフになりますが、基本的には本体で電源をオフする必要があります。

どんちゃ

価格以上のスペックを備えており、特にアウトドアで使用する予定がある方に向いています!

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

UMOOB Lがおすすめな人

UBOOM Lがおすすめな人
  • 圧倒的な重低音の広がりで音楽を楽しみたい
  • お風呂やプールサイドで使えるスピーカーが欲しい
  • コンパクトで持ち運べるスピーカーが欲しい

重低音を重視している人に向いているスピーカーです。

IP67防水規格なのでお風呂でYOUTUBEを見たり、音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

IP67の防塵・防水規格
防塵:直径75μmの粉塵が入らない設計
防水:水深1mに30分間水没しても内部に浸水しない

人の声も明瞭で聞き取りやすく、ビデオモード(低遅延)で人の口の動きと音声はほぼ一致するため違和感なくYOUTUBEを視聴できます。

どんちゃ

スピーカーで音楽やYOUTUBE、映画を楽しみたい方におすすめのスピーカーです!

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

EarFun UMOOB Lの開封とレビュー

EarFun UBOOM Lのパッケージ内容

UBOOM Lの付属品
EarFun UBOOM Lのパッケージ内容
  • UBOOM Lスピーカー本体
  • 充電コード(USB Type-A to C)
  • 取扱説明書

EarFun UBOOM Lの外観と重量

UBOOM L(正面)

スピーカーの素材は上質なファブリックです。

一見、高級感のある鉄素材に見えますが、触ってみると繊維素材であることがわかります。

重量は650gで毎日持ち運ぶ方には少し重たいと感じるかもしれません。

どんちゃ

重厚感があって安っぽさは全く感じませんよ♪

UBOOM L(背面)

背面までファブリック素材が続いています。

UBOOM L(操作ボタン)

スピーカーの天面に操作ボタンが付いています。

UBOOM L(側面)

スピーカーはやや傾斜しています。

音を出す面を少し上に向けることで、絶妙な角度で音を届けることができています。

UBOOM Lのデュアルパッシブラジエーター

側面にはデュアルパッシブラジエーターがついており、上に散り紙を置くと吹き飛ぶほど振動します。

この振動がUBOOM Lの見事な重低音を生み出しています。

UBOOM Lのインジケータ

操作ボタンにはスピーカーの状態を表すインジケータが点灯しており、中央は充電状態を示します。

どんちゃ

スピーカーの充電残量がわかりやすく表示されるので、充電のタイミングがわかりやすくて嬉しいですね!

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

横と縦置きのどちらにも対応している

スピーカーは横置きと縦置きのどちらにも対応しています。

長さ21cmの置き場がない方は省スペースの縦置きで使用することもできます。

充電はUSB Type-C

充電端子はUSB Type-Cです。

差し込み口はスピーカーの背面にあります。

iPhone15がUSB Type-Cに対応したことから、今後USB Type-Cを使用する方も増えてくるのではないでしょうか。

蓋をすることで完全防水となります。

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

AUX有線接続とBluetooth5.0に対応

スピーカーの接続方式はBluetooth5.0とAUX有線接続の2通りです。

有線接続する場合はスピーカー背面AUX端子にケーブルを接続します。

どんちゃ

有線の方がBluetoothより音質が向上するため、ケーブルを持っていてスピーカーを動かすことはない方は有線接続もオススメです!

UBOOM Lの使い方はとてもシンプル

UBOOM Lの操作ボタン

UBOOM Lはスピーカー本体で操作できます。

左から「電源ボタン、Bluetoothボタン、音量ボタン(-)、再生ボタン、音量ボタン(+)サウンドモードボタン」となります。

2種類のサウンドモード

引用:EarFun公式HP

UBOOM Lはインドアとアウトドアの2種類のサウンドモードが用意されています。

キャンプやプール、パーティなどの様々なシーンで使用されることが想定されています。

サウンドモードボタン

サウンドモードは本体の一番右のボタンを押すことで切り替えることができます。

サウンドモードボタンのLEDランプが点灯している場合はアウトドアモード、消灯している場合はインドアモードになります。

インドアモード:狭い空間の使用に向いている
音の指向性が強い
目の前にスピーカーを置くシーン

アウトドアモード:広い空間や外の使用に向いている
音の広がりが強い
少し離れた場所にスピーカーを置くシーン

どんちゃ

屋内でも部屋全体に音を広げたい場合はアウトドアモードがオススメですよ!

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

28Wの大出力とバランスの取れた音質

引用:EarFun公式HP

UBOOM Lは1万円以下のスピーカーの中では音質はかなり優れていると言えます。

コンパクトなサイズながらも28Wの大出力でアウトドアでも綺麗な音質で音楽を楽しむことができます。

どんちゃ

ワイヤレススピーカーを1つ持っているとお家のパーティやキャンプなどで活躍すること間違いなしですね♪

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

マイク内蔵で通話もできる

スピーカー本体にマイクが内蔵されており、Bluetoothで接続したスマホにかかってきた電話に応答して通話することができます。

どんちゃ

思ったよりもクリアな音声を相手に届けることができたので驚きました!お風呂で通話したい方などに嬉しいですね!

IP67完全防水でお風呂で使える

引用:EarFun公式HP

UBOOM LはIP67防水規格のため、完全に水没させても壊れることはありません。

IP67の防塵・防水規格
防塵:直径75μmの粉塵が入らない設計
防水:水深1mに30分間水没しても内部に浸水しない

筆者はお風呂をメインにスピーカーを使っていますが、UBOOM Lの重低音が響き渡りゴージャスなバスタイムとなっています。

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

ビデオモードで遅延を抑えれる

ビデオモードをオンにしたUBOOM L

UBOOM Lはビデオモードが搭載されています。

ビデオモード
150msの低遅延モードで映像(映画、YOUTUBE、テレビ番組)を違和感なく視聴できる。

本体電源ボタン横の“Bluetoothボタン”を2回連続で押すとビデオモードはオンになります。

ビデオモードがオフの状態だと映像と音声のズレがハッキリと分かりますが、オンにすることで映像と音声のズレはほぼなくなり違和感なく映像を視聴することができました。

ゲームはあまりスピード感のないもの(ポケモンやマリオなど)であれば問題なく使用できました。

どんちゃ

ワイヤレススピーカーでも低遅延で映像コンテンツを楽しめることは嬉しいポイントですね!

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

UBOOM Lに専用アプリはない

EarFun UBOOM Lの唯一の残念ポイントは専用アプリに対応していないということです。

最近のワイヤレススピーカーはスマホでイコライザーや操作方法をカスタマイズできるものが増えてきていますが、UBOOM Lはそのような機能はありません。

逆に言えば、本体のみで操作が完結してカスタマイズする必要もないため初心者に優しいスピーカーとも言えます。

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

EarFunとAnkerの音質の違いとおすすめは?

筆者はAnkerの様々なワイヤレススピーカーを使用してきました。

Ankerは1万円以下のワイヤレススピーカーを幅広く揃えており、EarFunの強力なライバルです。

EarFun UMOOM Lと同価格帯のAnker Soundcore3と聞き比べて感じた特徴は以下のとおりです。

UBOOM L
Soundcore3
  • 低音が圧倒的に強く中高音域が前に出にくい
  • 重低音が響くため、空間全体が音に包まれている感覚がある
  • 音にこだわって重低音を楽しみたい方におすすめ
  • 中高音が伸びやかでボーカルやチェロ、バイオリンの音が聞き取りやすい
  • 専用アプリのイコライザーを調節して好みのバランスに変更できる
  • 幅広いジャンルの音楽を手軽にバランス良く楽しみたい方におすすめ
UBOOM Lがおすすめな人
  • 圧倒的な重低音の広がりで音楽を楽しみたい
  • ポップスやEDMをよく聴く
Ankerがおすすめな人
  • 低音はほどほどで中高音のメロディラインを重視したい
  • イコライザー調整で自分好みにカスタマイズしたい
  • クラシックや吹奏楽をよく聴く

重低音の迫力はUBOOM Lが勝っています。

筆者はクラシックや吹奏楽などの器楽曲をよく聞きますが、UMOOB Lは低音が強調されすぎて中高音域の楽器が前に出てきにくいため少し物足りなさを感じました。

一方でポップスやEDMなどの軽い曲はUBOOM Lの迫力でノリノリになれます。

特徴は違いますがどちらも安物スピーカーのドンシャリ感はないため、価格相応で満足のレベルです。

どんちゃ

バランスはAnkerの方が好みでしたが、何より重低音を好む方はEarFUnのUBOOM Lがオススメです!

屋外使用にオススメのAnker『Soundcore Glow』のレビュー記事はこちら!

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)
Soundcore
¥6,990 (2024/02/17 16:45時点 | Amazon調べ)

Ear Fun UMOOB Lの口コミ

最後にAmazonで『EarFun UBOOM L』の口コミを確認した内容をまとめていきます。

結構良いんじゃない?
全体的にいい買い物 (5)

前のポータブルスピーカーの電池が壊れたので、こちらを購入しました。

最新バージョンのBluetooth搭載しているようなので、電源オンの後1秒ぐらいで携帯に繋げられます。

特長と言えば低音が強くて、28wなので結構大きな音まで出せれる点かなと思います。バッテリーも結構持ちます。

高音域は凄いほど綺麗ではないけど、値段とサイズ相応ですので、不満はありません。

——

弱点を敢えて言うと、他の商品より大きく重い点かな?と思います。ソロキャンプにはきっと向いてないと思います。

——

全体的に良い買い物だと思います。

引用:Amazon.jp

トラブルにも強い安心して買え!
EarFunのファンになりました (5)

安いので雑に扱う用に購入しました。
使ったらコスパ良いわ!と思い2つ目を購入、2台繋いでステレオで楽しんでます。

ペアリングに問題がありカスタマーにクレームを入れたら、手厚いサポートでトラブルも解決し気分が晴れました。
earfanだけに、このメーカーのファンになりました。

引用:Amazon.jp

低温の響きが良い。AUXで有線接続も出来ていろんな用途で使いやすい
コスパはとてもいい (5)

ブラックフライデーで安かったので購入しました。

低音が良い感じに出ていて臨場感ありますね。高音も低音に埋もれずにバランスのいい鳴り。引き締まった感じの低音ですが本体もずっしりとしていて箱鳴りもありません。

Bluetoothの接続も早く、今のところ途切れたりノイズもなく快適。
充電もUSB-CですしAUXでほかの機器と有線接続して使うことも出来ますのでノートPC等で臨時のスピーカーとしても利用できますのであると何かと便利ですね!

BOSEやJBLに比べると値段は安いですが聴き比べをしてもいい勝負なんじゃないかな?

それでいて値段は半分位なのでコスパはとてもいいと思います。
値段が安いので二個買ってステレオも面白いと思います。

引用:Amazon.jp

もう少し…
音の広がりもあり綺麗に聴こえる (4)

全体的にバランスも良く音の広がりもあるので綺麗に聴こえる。
でももう少しボーカルが前に出ていれば最高だった

引用:Amazon.jp

割といい音
ドンシャリ感はない (4)

値段の割にいい音出します。

低音重視気味だけどドンシャリ感はないと思う

引用:Amazon.jp

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

まとめ〜1万円以下のスピーカーの中で高コスパ〜

EarFun UBOOM L

以上『EarFun UMOOM L』のレビューをまとめました!

初めてEarFunのスピーカーを体験しましたが、重低音の作り込みは素晴らしく音の広がりも価格以上に感じました。

一方で他の同価格帯スピーカーと比べると中高音域の再現が弱く、物足りなさも感じました。

EarFun UBOOM Lがオススメな人は次のとおりです。

UBOOM Lがおすすめな人
  • 圧倒的な重低音の広がりで音楽を楽しみたい
  • お風呂やプールサイドで使えるスピーカーが欲しい
  • コンパクトで持ち運べるスピーカーが欲しい

重低音の厚みある音に包まれたい方や屋外の使用を想定している方に向いているスピーカーです。

どんちゃ

コスパの良いUBOOM Lで快適なスピーカーライフを送ってみてはいかがでしょうか♪

EarFun
¥7,999 (2024/02/22 12:15時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次