生活

【40(38)kg×2個】初心者におすすめのダンベルやベンチなどの家トレグッズを紹介!

生活

今回は可変式ダンベルベンチのご紹介です。

たまの休日に出かける
旅行などの遊びは意外と体力使いませんか?

コロナ禍の自粛生活で体力は落ちる一方だと思います。
遊んでいる時も、

“明日は仕事かぁ、、、”

なんて考えちゃうと、
体力を温存するために、全力で楽しめなくなっちゃっているかもしれません。

そこで僕は、
限界まで遊んでも耐えられる体力
を身につけるために、
“家”でトレーニングをしています。

家トレを開始して2年ほど経過しますが、
体力の向上と身体の変化を感じています。

家トレを持続させるためには
“ダンベル”“ベンチ”(できれば)を購入することを推奨します。
(自重トレニーングだけでは物足りないです
目に見えた効果も出てくるのが遅いため、飽きてしまいがちです。)


そこで、
本記事では家トレを始める際に、

継続するため

初心者でも持っておいて損はないダンベルとベンチのレビューを行います。
※無理に重いダンベルは扱わずに、できる重さから徐々に上げていきましょう。

記事のポイント
○可変式ダンベルは長い目で見て40kgを買ってしまおう!
●可変式は種目によって重さを瞬時に変更できるため、より効率的にトレーニングを行うことができる
○ベンチがあった方が効率良くトレーニングできる
●ジムに行かなくても家で十分トレーニングはできる(体力の向上を実感し、周囲の人に大きくなったと言われるレベル)

可変式ダンベル

今まで使用していた10kgのダンベル


今までは、
こちらの一つMAX10kgのダンベルを用いていました。

初心者が軽いトレーニングをするには十分ですが、
色々なトレーニング方法を調べていくうちに、
10kgでは負荷が足りないトレーニングに出会います。
(やってみると、すぐにこの域に到達します。)

また、重量を変更する操作がとても面倒で、
初めから可変式ダンベルを購入しとくべきだったと後悔しました。

今からトレーニングを始める方可変式ダンベルをお探しの方は、
次の項目で紹介するダンベルをご検討ください。

一度トレーニングを始めてしまえば、意外とちゃんと続きますので、
後悔の無い選択を最初からしておきましょう!

40(38)kgダンベルが到着

購入したダンベルが”4WD”のダンベルになります。
4kg~38kgまで一瞬で重さを変えることができます。

40kgのダンベルは少し高いですよねぇ、、、
しかし、ジムに通うことを考えた場合に、
半年〜1年程の年会費で回収できる金額ではないでしょうか。
(ジムの年会費によりますが。)

最大40kgまでのダンベルであれば、
買い直すことはほとんどないため、
ジムに通う上級者になるまではお世話になることができます。

40kgダンベル(4WD)


今回は楽天で購入しましたが、
我が家は段のみの3階なのですが、
運送屋のおじさんが言葉を発することができないレベルのフルパワー
何とか持ってきてくれました。

メゾネットタイプのように、
ご自身で階段を持ち上げなければならない場合はご注意ください。

40kg ×2箱で分かれてきますが、
40kgは想像以上に重たいです。

梱包はとても丁寧

40kgダンベル(4WD)
40kgダンベル(4WD)


中身はこのように丁寧に梱包されています。

ダンベルのサイズは横45cm、縦25cm

40kgダンベル(4WD)


ダンベルの起き台がセットで入っています。
均一に負荷がかかるため、フローリングであれば問題なく置いておくことができます。

40kgダンベル(4WD)
40kgダンベル(4WD)


意外と横幅があるため、小柄な方には
少々大きめに感じるかもしれません。

重量の調整はダイアルを回すだけ

40kgダンベル(4WD)


ダンベルのサイドについているダイヤルを回すだけで、
重量を変えることができます。
回転の滑りもよく、素晴らしいです。

40kgダンベル(4WD) 4kg


例えば、最低重量の4kgだと
このように何もプレートが付いてきません。

40kgダンベル(4WD) 10kg


重量を上げていくと、
プレートが付いてきて、ダイアルの重量に調整されます。

トレーニングの種目ごとに適した重量があるため、
瞬時に重量を変更できる可変式ダンベルは本当におすすめです。

20kg可変式ダンベルもありますが少し割高…


40kgもいらないなぁ…

と思われる方は20kgもあります。

ただ一年くらい家トレを継続すると、
種目によっては20kgでは物足りないものが出てきます。

20kgダンベルもなかなかいいお値段がするため、
思い切って40kgを購入して
気持ちを高めていくのもいいかもしれません!

トレーニングベンチ

ベンチはコンパクトでコスパの良いKAPEOを使用

KAPEO トレーニングベンチ


トレーニングベンチはKAPEOのものを使用しています。

コンパクトで折りたたみも可能なので、
置き場に困らず重宝しています。

KAPEO トレーニングベンチ


6段階で角度を調節できるため、
ダンベルと組み合わせるとかなりの種目をこなすことができます。

KAPEO トレーニングベンチ
KAPEO トレーニングベンチ


最大角度と、フラット手前の角度になります。

家トレなら十分の強度と機能を持ち合わせています。

まとめ

以上、初心者にもおすすめの可変式ダンベルベンチのレビューを行いました。
トレーニングはジムに行かなくても始めることができます。

この2つを購入してから、家トレの効率が格段に向上して、
基礎体力アップ身体つきの変化をとても感じています。
(トレーニングは人を必ず変えてくれることを実感しています。)

同じ時間をかけるなら、
高効率にコスパ良くトレーニングを行いたいですよね!
環境を早めに整えて、損は何一つありません!

家であれば
プロテインにバナナ、ドリンク、着替えなどを持っていく必要もありませんし、
周囲の目を気にすることなく自分のペースで続けることができます。

ぜひ、コロナが明けたその時に遊び倒せるように
今のうちに体力を付けて、素敵な身体を作り上げていきましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました