世界一の高さ”120m”の牛久大仏の大きさを体感しよう!アクセス方法や拝観料金、周辺ランチもご紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは!
今回は2022年3月19日(土)に訪れた
茨城県の牛久大仏の記事となります。


茨城県内で圏央道や常磐道を通る際に、
とても大きな仏像が見えることはありませんか?

それが茨城県の観光名所“牛久大仏”です。

いつもドライブで牛久大仏が気になっているけど、
通り過ぎてしまっているという方も多いかもしれません。

牛久大仏周辺には
“あみプレミアムアウトレット”“JAXA 筑波宇宙センター”
など
子供から大人まで楽しめるスポットもあります。

牛久大仏までは
車だと都心からでも1時間ほどで行くことができますので、
週末のドライブ候補にぜひ入れてみてください♪

記事のポイント

○牛久大仏の高さは120mで世界一

●アクセスは車が便利!都心からでも1時間ほど

○四季折々のお花を楽しむことができる

●猿やインコなどの動物とも触れ合える(子どもも楽しめる!)

○ランチには”魚と酒菜 とき和”がおすすめ

目次

牛久大仏の魅力

牛久大仏は1986年着工〜1993年に完成

牛久大仏 入り口

牛久大仏建設の構想は1983年に着手されたそうです。

その後1986年に着工し、1993年に完成しました。

意外と新しい大仏さまなんですね。

建設費用は約80億円なんだとか、、、
日本のバブル時代に建設されたため、
当時のイケイケな日本情勢を反映したサイズ
でもあるのかと感じたりもします。

牛久大仏の高さは120mで世界最大の青銅製の大仏さま

牛久大仏 プロフィール


牛久大仏の高さは台座を含めて120mとなっており、
40mの自由の女神や14.9mの奈良の大仏と比較すると、
その桁違いの大きさを理解できると思います。

牛久大仏のアクセスは車が便利!無料駐車場有り(820台)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
Topへ
目次
閉じる