純正じゃなくても大丈夫?iSingoのルンバ互換品と純正品で吸引力や外観を比較レビュー!

※当サイトには広告が含まれています

ルンバの吸引力が落ちたと感じていませんか?

昨今はお家にロボット掃除機がある家庭も珍しくはなくなってきました。

特にロボット掃除機のパイオニア『ルンバ』はロボット掃除機の代名詞と呼ぶに相応しい人気ぶりです。

家にいない間に人知れず懸命に働くルンバですが、定期的にブラシやフィルターを交換してあげていますか?

もしあなたがルンバを購入してから一度もパーツを交換したことがないのであれば、ルンバは本来の力を発揮できていないかもしれません。

筆者もルンバを購入して数年間パーツを替えずに働かせ続けていました。

するといつの間にか吸引力が弱まり掃除能力が低下していたのですが、純正交換パーツが高いため、気づかないふりをして先延ばしにしていました。

そこで互換品があることに気がつき購入したアイテムがこちら!

iSingo ルンバ800 900シリーズと互換性のある消耗品セット

破格なお値段です。

必要な交換パーツを予備を含めた13点で2,000円を下回ります。

しかしあまりにも安いので「掃除力が落ちるのではないか…」と心配になられる方もいるかもしれません。

そこで本記事ではルンバ892(800シリーズ)の各パーツを純正品と比較し、ルンバの掃除力が変化したかをレビューしていきます!

結論としては、

iShingoのルンバ互換品は純正品と遜色なく掃除ができる

純正に匹敵する吸引力とお掃除能力を示してくれました。

どんちゃ

純正パーツが高くて交換を躊躇している方は、互換品でルンバの持つ本来の力を引き出してあげましょう!

タップできる目次

iShingoのルンバ800・900シリーズ対応互換品と純正品の価格を比較

まずは『iSingo ルンバ800 900シリーズと互換性のある消耗品セット』がどれくらい安いのか、純正品と価格を比較していきます。
※2023年12月時点の情報

ルンバ800シリーズ部品名称付属数値段
純正エッジクリーニングブラシ3本2,178円
ダストカットフィルター2個3,300円
AeroForceエクストラクター1セット4,400円
合計9,878円
互換パーツ(iShingo)エッジクリーニングブラシ3本1,780円
ダストカットフィルター3個
エアロブラシ灰色、黒1セット
掃除ブラシ1本
ドライバー1本
合計1,780円
ルンバ交換部品の価格表

純正とiShingoの互換パーツの価格を比較しました。

全て純正で消耗品を交換した場合9,878円しますが、iShingoではたったの1,780円です。

その差はなんと8,098円…!

心配になるくらい安いですね。

さらにiShingoの互換品はフィルターが3個もついてくるため、純正を買うよりもお得です。

どんちゃ

純正品が高いために消耗品の交換を引き伸ばしていた方は、互換品を使用することで安くルンバをベストな状態に保つことができるかもしれません♪

iShingoのルンバ800・900シリーズ対応互換品の外観

ルンバ892と互換品(iShingo)

それでは実際にiShingoの互換品とパーツの取り付け方法を見ていきましょう!

iShingoルンバ800.900シリーズ対応互換品

こちらがiSingo ルンバ800 900シリーズと互換性のある消耗品セットです。

エッジクリーニングブラシ3本、ダストカットフィルター3個、エアロブラシ黒、エアロブラシ灰色、掃除ブラシ、ドライバー、取扱説明書

いずれも丁寧に梱包されており、傷などは見当たりませんでした。

本記事の純正品の写真は数年間使用した後の状態なのでご承知の上ご覧ください。

エッジクリーニングブラシ

エッジクリーニングブラシ(左:純正、右:iShingo)

部屋の角などでゴミを回収するのに活躍する『エッジクリーニングブラシ』です。

「左が純正、右がiShingo互換品」なのですが、いつの間にか純正の羽が取れていました…

通りでゴミの回収能力が落ちていたわけです。

ダストカットフィルター

ダストカットフィルター(左:純正、右:iShingo)

ダスト容器に設置する『ダストカットフィルター』の比較です。

「左が純正、右がiShingo互換品」ですが、見た目の違いはほとんどありません。

サイズも全く同じです。

エアロブラシ

エアロブラシ(左:純正、右:iShingo)

床のゴミを回転してかき集める『エアロブラシ』です。

「左が純正、右がiShingo互換品」ですが、見た目の違いほとんどありません。

エアロブラシ(左:純正、右:iShingo)

両橋のフック部分も特に違いはなく、正確にルンバにはめることができます。

エアロブラシ(左:純正、右:iShingo)

細かい方の溝は若干iShingo互換品が浅いように思いますが、iShingoのルンバ800・900シリーズ対応互換品の吸引力と掃除能力でご紹介する通り、掃除能力に差は感じられません。

どんちゃ

互換品は純正と比較しても質が悪い要素は一つもないため、問題なく取り付けることができますよ♪

iShingoのルンバ800・900シリーズ対応互換品の取り付けとお手入れ方法

それでは実際にiShingoの互換消耗品をルンバに取り付けていきましょう!

取り付け方法は純正パーツと全く同じです。

分かりやすくお手入れ方法を記載した説明書も付いてくるため、誰でも簡単にパーツを交換することができます。

付属しているお手入れの説明書

STEP

ダスト容器のお手入れ

まずはルンバの中でも最も汚れやすいダスト容器を掃除していきます。

赤い蓋の中には交換パーツの『ダストカットフィルター』が入っています。

数年間交換していなかったため、このような有り様でした…

ここ最近「ルンバの吸引性能が落ちたなぁ…」と感じていましたが、原因は間違いなくこれでした。
赤い蓋の中には交換パーツの『ダストカットフィルター』が入っています。

数年間交換していなかったため、このような有り様でした…

ここ最近「ルンバの吸引性能が落ちたなぁ…」と感じていましたが、原因は間違いなくこれでした。

ダスト容器は水洗いできるため、定期的にお掃除してルンバを清潔に保ちましょう!

洗い終わって、しっかりと乾かしたら、iSHingoの『ダストカットフィルター』を装着。

互換品は純正と寸分違わないサイズなので、ピッタリと収まりました。

STEP

エッジクリーニングブラシの交換

続いて『エッジクリーニングブラシ』を交換します。

付属のプラスドライバーで外すことができます。

交換前はいつの間にか羽が無くなっていたのでこのような状態ですが、こうなる前に必ず交換しましょうね…!

プラスドライバーでiSHingoの『エッジクリーニングブラシ』を取り付けて完了です。

STEP

エアロブラシの交換

最後にルンバがゴミを吸収するために重要な『デュアルアクションブラシ』のお掃除と取り付けです。

黄色の取手を寄せると赤色の枠が上がり、黒と灰色のブラシを取り出すことができます。

ブラシの周辺はかなり汚れているため、

付属のブラシで埃を取り除いていきます。

細かい埃が舞うため、『Anker Eufy (ユーフィ) HomeVac H11(ハンディクリーナー)』のようなハンディークリーナーで吸いながら行うと周囲を汚さずに済むのでお勧めです。

最後にiShingoの『エアロブラシ』を装着して完了です。

どんちゃ

iShingoの互換品であれば約2,000円で全て交換できるため、コストにお悩みの方はぜひご検討ください!

iShingoのルンバ800・900シリーズ対応互換品の吸引力と掃除能力

iShingo互換品を装着後のゴミの収集量

iSingo ルンバ800 900シリーズと互換性のある消耗品セット』を装着して、ルンバに約10畳の部屋を掃除してもらった結果がこちらの写真です。

ダスト容器いっぱいにゴミが溜まり、部屋の角の散りゴミも綺麗に回収してくれました。

掃除能力は純正と比較しても遜色ないことがわかりました。

どんちゃ

耐久性については分からないので、定期的にご紹介していきます!

まとめ

iShingoの互換品を装着したルンバ

以上『iSingo ルンバ800 900シリーズと互換性のある消耗品セット』のレビューをまとめました!

純正パーツより圧倒的に安いにも関わらず、見た目はほぼ同じで掃除能力も申し分ないことがわかりました。

できる限り消耗品のランニングコストを抑えたい方にオススメできるアイテムです。

もしかしたら純正品よりも耐久性は劣るかも知れませんが、圧倒的に価格が安いので交換サイクルが早まったとしても問題ないと思われます。

耐久性については今後経過レビューをまとめていきます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

みんなにも教えてあげよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次